新しい元号を本気で予想する会

新しい元号を本気で予想する会を開催した。

事前に募集した40人ほどが集まり、元号を予想して半紙に書いた。

僕も予想を発表したがここには書かない。ただ、画数が減る傾向にあること、「よく元号に使われる漢字+はじめての漢字の組み合わせ」がこの2回続いているという2軸から予想した。

参加した人もみな本気で大喜利になることなく真剣な予想で場が終わった。平成ゲートウェイを書く人はいなかった。

予想した元号は4月1日まで秘密である。もし仮にここに正解があったとしても予想を公にした時点で除外されるかもしれないからだ。政府に。

そこで予想した半紙の束はアルミのケースに入れた。撮った写真を入れたSDカードも入れる。

4月1日までこれは貸金庫に預けよう。そう思って個人向けの貸金庫を契約した。


貸金庫に持っていくおれ

貸金庫に預けるのは冗談なのだが、貸金庫は冗談ではなかった。本気である。

こんな心象風景のような薄暗い廊下に映画で見るような巨大な扉が並んでいた。

生体認証など10種のセキュリティを通り抜けたところにある金庫に元号予想は格納された。これで誰も予想を奪ったり改変することはできない。

途中から絵になったのは貸金庫はセキュリティをまもるため写真撮影禁止だからである。

貸金庫を借りるのはまあそこそこ、自転車が買えるぐらいのお金がかかったのだが、絵だ。でも本当に預けた。レポート的には入れた写真がほしいところだが、自分で言いだしたオーバーセキュリティなので受けいれよう。

4月1日の夜に予想が当たったかどうかの発表会(ネット中継あり)を行う予定である。心の底からたのしみだ。

体内

きのう乗ったタクシーがくさかった。ガタガタいうタクシーで運転手はおじいちゃんだった。

タクシー全体がおじいちゃんの匂いだった。

おじいちゃんの体内に乗ってるようだなと思った。ネコバスもこういう感じだろうか。猫がおじいちゃんになっただけで、生き物のなかに乗っているという構造は同じだ。

運転手がずっと僕のことを「だんなさん」と言っていたのがよかった。

当然suicaなんて使えないので現金で払って降りた。

青春

近所のコンビニにかっこいい男の子のバイトが入った。

元からいたバイトの女の子が嬉しそうにしょっちゅう話しかけている。

おれが玉ねぎサラダを持ってレジの前に立っているので、仕方なくレジに入るのだが話も途中で名残惜しそうだ。

ごめんよ。しかしわかりやすい。

そしておれはそういうのを見て、いいものを見たと思うようになった。

鳥と警告とおしっこ

ジョギングしていて見つけた。

マンションの敷地に鳥の餌をまかないようにという警告である。

紙のままだと雨に濡れてしまうからビニールを被せたのだろう。ところがそのビニールに隙間があったのか、なかに雨水が溜まっている。

おしっこ状態だ。

トイレに行けない入院患者のカテーテルの先にこういうのがついている。

監視しているぞと脅すためにカメラも書いてあるが、なにせおしっこの袋だ。意図的におしっこの袋に「鳥の餌をまくな」と書いていたらわけがわからなくて恐ろしい。

しかし、平成も終わるというのにまだビニールに雨が入っておしっこ?とか言っているのだ。

生活にAIが入り込んだらこんなことはなくなるのだろうか。

「ソレダト 雨ガ降ッタ トキニ オシッコミタイニ ナリマス」

と教えてくれるのだろうか。

石原さとみ・和光市

ちょっと前だが東横線が東上線に乗り入れたとき、もともと東横線沿線に住んでいる人たちが「和光市というなじみのない駅行きの電車が来るようになった。あれどこだろう」と話していた。

東上線沿線で育った僕にはすごくなじみがある。成増のひとつ向こうだ。その先は朝霞。

でも僕はもう世田谷に住んでいるので「うん、どこだろうね」と答えた。

今年の夏、東京メトロの石原さとみの広告が和光市だった。和光市に石原さとみが!

思わず写真に撮ってしまった。

日本一汚かった白子川の町にガッジーラが。

こんな東上線への想いが自分にあることに驚いた。

この埼玉情報のサイトにも「石原さとみさんが、和光市に来てくれたことをご存知でしょうか?」「ぜひこの事を和光市民のみなさんは誇りに思って頂きたい」と弘法大師のような扱いである。

僕だけではなかった。安心した。

DVDトレー

このまえ飛行機に乗ったときに映画を観た。見終わる前に到着してしまって終わりが気になるのでamazonで中古のDVDを買った。妻がいないあいだに観ようと思ってDVDをデッキに入れるが認識しない。パソコンだと認識したのでそれで観た。

妻が帰ってきたときに、DVDデッキのトレーが出っぱなしだった。エロDVDを観たように思われたのではないかと思ってこれを観たと説明した。

説明すると一層嘘くさい気がしたので、続編もプライムビデオで買って観た。ちゃんと観ていることのアピールだ。

 

こういう気持や行動っていくつになっても続くんだなと思った。

 

観た映画:https://amzn.to/2OG4WLU

続編:https://amzn.to/2IGnC8Q

 

ナチュラル

8月のメイカーフェアでデイリーのライターの岡本智博さんがきびだんごを差し入れてくれた。

撤収しながらそれを食べていたら乙女電芸部の人たちが横を通ったので、

「あ、きびだんごあるんで、よかったらどうですか」

と言って配った。

あ、おれいま桃太郎みたいなこと言ってる!と思った。

桃太郎はイヌやサルにこんな感じで団子をすすめたのだろうか。

人生にはナチュラルに桃太郎みたいになる瞬間があるのか。驚きである。

SFホラー

火星が開拓されて観光地になると、すしざんまいができるだろう。

オープンに向けて資材を運んでいる宇宙船が故障することもあるかもしれない。

外壁に隙間ができて空気が漏れはじめるのだ。

ちょうど火星に持っていく途中のすしざんまいの社長人形が目について、それを隙間に詰めて応急処置をする。

だが、徐々に真空に吸い出される社長の人形。

宇宙船の窓から、さっきまでは頭頂部しか見えてなかったのに徐々に顔まで見えてくる。

空気がなくなるのも顔が見えているのも怖い。

というSFホラーを寝る前に考えました。

いちばん大きな無

なんでもでかい物を売っているGreatBigStuffというサイトがある。

でかいアウトドアチェア

でかいギター

でかいテイクアウトボックスもあった。

どれも消費社会の果てであるアメリカらしい商品でおもしろい。好きだ。

いちばんすごいなと思ったのはこの商品、「無」だ。Whole Lotta Nothin’ は強引に訳すと「たくさんの無のすべて」だろうか。

あなたが見たことないいちばん大きい無。まったくなにもない。インドアでもアウトドアでも使えて、ベッドルームやキッチン、ロケットにもマッチする。注文しても何も送りません。1ドル。

などと書いてある。

大きいだけじゃなくて、最大の無、みたいな暗黒物質みたいな話みたいになっている。消費社会の果てじゃなくて宇宙の果てだったか。

こういう商売がしたいなと思っているのは言うまでもない。どういうつもりなのか店主に話も聞きたい。

シール

ありがとうといい続けていたら出来たきれいな結晶、のシールというものがあったと人から聞いた。

水にありがとうと言ってしまう系の話だが、最後にシールになっているのがとてもおもしろい。いいと思っているのにシール。

・遣隋使が大陸から持ち帰ろうとしたありがたいお経、のシール
・アムンゼンに先を越されて落胆するスコット、のシール
・息子の帰国を願う野口英世の母の手紙、のシール

ありがたさが台なしである。

裏にのりが付いてる、いちど貼ったらおしまい、そもそもどこに貼っていいのかわからないというところで、いい話が駆逐されている。マグネットならいいかな…と思うがそんなことを考えさせないで欲しい。

でも、おもしろいからありがたいシールを作ろう。