小さい熱狂

ダイヤモンド富士が見えるというニュースを見た。神宮外苑にカメラを持ったおじいちゃんたちが集まっていた。カメラおじいちゃん業界では熱いことになっているらしい。まったく知らなかった。

そんな小さな熱狂に突然会うことがある。街を歩いてて、「なんであの人たち並んでいるの?」というやつだ。

妻に聞いたらシャネルのビューラーが一時期買えなかったそうだ。
MacBook AirでもMacBook Proでも使えるイーサネットアダプタが人気で定価以上の値段で売られているという話も一昨日聞いた。
むかし保険のおばちゃんが配っていた腕時計につけるカレンダーも楽天で売っていたが発売開始8分で売り切れていた。

知らないところで意外なものが熱いことになっている。

みんながドラクエで並ぶ時代は終わったんだなと思う。しかしこういう小さい熱狂をもっと知りたい。

バレンタインにはイカ

バレンタインにはイカを送るのがいいと思っている。

甘いものが好きじゃない男も多いし、イカならたいていの男が好きだからだ。

それにイカを食べている姿は無邪気に見える。

サービスエリアで串に刺した焼きイカを持っているおっさんをみるとほっこりした気持ちになるだろう。信頼できる、いや、信頼できないかもしれないが悪い人ではなさそうだと思う。

イカは干しても焼いてもごはんを詰めても塩漬けにしてもいい。チョコレートと同じぐらいのバリエーションがある。

数百匹を釣ることができるイカ釣りロボットが14万台売れたという話も聞いた。それだけ釣っても絶滅しないイカって一体どれだけいるんだろう。主食にしたほうがいいんじゃないか。

あまりイカを食べないヨーロッパだが、スペイン人とイタリア人は食べると聞いただけでその二カ国の人とは友達になれそうだと思う。スペインのパエリアなんて姿を変えた海鮮丼と言っていい。

パエリアの話になってしまったが、バレンタインにはイカを送るといいと思う。

まじっすかー!

むかし陸別に行ったとき、最高気温が氷点下15度ぐらいで寒い寒いと騒いでたら地元の人に「今日はまだ暖かいほうだよ」と言われて「まじっすかー!」と答えた。

地方に行ったときの、このパターンの会話がわりと好きである。遠くに来たからにはやっぱり極端な話を聞きたい。「まじっすかー!」と言いたい。地元の人も多分それを分かってサービスしているところがあると思う。

「まじっすかー!」の記憶を遡ると…

「去年の台風は車が浮き上がったからね」「まじっすかー!」(宮古島)
「こっちじゃ冬に晴れた日なんて年に1回しかないから」「まじっすかー!」(石川)
「今年はまだ雪が少ないほうだよ」「まじっすかー!」(五所川原)
「霧島なんて1杯200円だよ」「まじっすかー!」(宮崎)

などがあった。もっといろんなところに行って「まじっすかー!」と言いたい。そういう人生がいい。

僕も「東京の満員電車は圧迫骨折する人が毎日ひとりいるからね!」とかサービスしたほうがいいのだろうか。

グラム単位

北海道大学に行ってきた。科学技術コミュニケーションをテーマにした講座に参加するためだ(ここにシラバス)。

北海道って建物のなかは暖かいしな、と思って薄着で行ったら超寒かった。

20160131_001

北大が広いからだ。

資料を見直すために食堂に入ったのだが、なにかにつけてグラム単位だった。

20160131_003 20160131_002

サラダ500グラムぐらい食べたかったが腹減ってないので我慢した。札幌の地下道にあるやきそば屋もサイズの種類が細かったが、北海道にはそういう文化があるのだろうか。それともたまたまか。

20160131_006

量を選べて好きな味付けで食べられるという店。今回は札幌についたのが遅かったので食べられなかった。

で、話は北大に戻る。

20160131_004

雪なんてもううんざりなのかと思ったら大学で雪合戦大会やっていた。

20160131_005

トイレのサイトのキャプチャを前にしゃべるおれ。悪夢みたい。

学生時代のことを思い出した。大学って何を研究してもいいので勉強が楽しかった。僕の卒論はテレビゲームにはマスターベーション的な要素が含まれているという話だった。………何を研究していいと思っていたのは僕だけだったかも、という気がしてきた。

打ち上げが長い

イベントがあると必ず打ち上げをする。自分からやろうと言い出すほうだ。

イベント自体に比べて打ち上げの時間が長すぎることに気づいた。

例えばイベントが2時間あって、僕の出番が20分程度だったりする。だけど打ち上げは4時間とか平気でやる。しかも飲み過ぎて翌日の午前中がだめになる。イベントが続くと忙しいのは主に打ち上げのせいだ。

この時間がなかったらもっといろんなことができたんじゃないか。

と思うけど打ち上げはやめないだろう。打ち上げがメインだと思えばいいのか。そうか!(解決)

 

フォトエッセイ

小田急の食料品売場の入り口に恵方巻きの断面が並んでいる。1メートルぐらいある巨大な断面図だ。

これを見ていると選べと言われてないのにどれにしようかなーと考えていることに気づく。似たようなものが並んでいると人間は選んでしまうのだろうか。

20160125_001

学生時代に読んだ本で、3Dで分子構造を見ること分子構造を理解することは違うと書いてあった。ヘッドマウントディスプレイを使ったVRが再び流行っているけど、あれ、体験して分かった気にさせる力がすごい。

いちど脊髄のなかに入る映像見せてもらったが、それ以来、「ああ脊髄ね、みたことある」みたいな気になっている。

VRと恵方巻きをいつの間にか選んでることを結びつけようとしたけど結びつかなかった。おれは今半のすき焼き恵方巻きがいい。

20160125_003 20160125_002

山口取材の帰り、飛行機まで時間があったので錦帯橋に行ってみた。「ヤケル」「モエル」などカタカナが多かった。岩国の人はカタカナを使いたがる、と2例だけで決めつけよう。

蒼井優気分でフォトエッセイにしてみた。蒼井優がフォトエッセイを書いていたかどうかも定かではないが。

もったいない力(りょく)

ココイチのカツのニュースを見て、あれ捨てるのもったいないと思う。

賞味期限が切れてても、なにか入っているかもしれなくても、食べ物を目の前にするともったいない力が発揮されてしまう。なにかの依存症みたいだ。捨てなきゃという理屈はわかっていても、相反するもったいないという感情が平気で両立する。

家にもう着ない服がタンスに詰まってるのももったいないの仕業である。飲み放題で飲み過ぎて次の日をダメにするのもそうだ。

もったいないで助かることよりも困ったことになるほうが多いのではないか。

2世代前まで飢えてきたのでしかたない。

もったいないと思わないように破棄する食品にはうんこかけてしまうのはどうだろう…と書きながらそれ、もったいなさすぎだろ!と思う。

デイサービス テクノポリス

今月暇だと思って仕事入れたらあっというまに溢れた

去年夕張に行ったときに「汽笛が聞こえる」というグループホームがあった。郷愁を誘う名前である。グループホームを利用する世代にはぐっとくるんだろう。

あと30年ぐらいたって僕らがグループホームやデイサービスを使うときになったら「テクノポリス」とか「フジロック」と言う名前の施設ができているのだろう。スーパーマリオはちょっとファミコン屋みたいで嫌かな。

それで昔を懐かしんでファミスタとかやるのだろうか。悪くない。

 

勝手にやってる

落語で飲み過ぎた主人が翌日帰ってくるという話がある。江戸時代の人は連絡なしに泊まっていたのだろう。歩きだし、きょう泊まるわと連絡することもできない。待ってるほうとしてはどこかで勝手にやってるんだろうと思うしかない。

明治時代に海外に留学する人もそうである。長い船旅の末に数年過ごす。基本的に連絡はなく、たまに手紙が来るぐらい。勝手にやってるんだろうと思っていただろう。

携帯電話やSNSでまめに連絡がとれるようになって、かえって心配が増えていると思う。

連絡がないことへの耐性がないからだ。どこかで勝手にやってるんだろうと思えない。

スマホの子どもの見守りアプリの案内を見たが、居場所がGPSで分かったり、いまの写真が見られたりすごい。たまに動かなくなるとお母さんはかえって心配になるんじゃないかと心配した。

心配になるんじゃないかと心配する僕が余計である。

人間ドック

人間ドックをうけるだけで暗い気持ちになる。

重大な病気が見つかったらどうしよう、もしそうなったときにショックを受けないように悪い結果を受け入れる準備をしておこう。まあでも、せめて結果をもらうまでは楽しく過ごすことにするか。もうお酒を飲んだりできないかもしれないんだから。しかしこれまでデイリーポータルZの取材で変わった場所に行ったり、変わったものが食べられて楽しい人生だった……。

と、すっかり悪い結果前提の考えになる。今回は心電図をとったときに看護師が少し「………?」という顔をしたのを見ただけでもうだめだ!と思った。

結果はコレステロールとγGTPが少し高いだけだった。油を控えろという普通のアドバイス。

そもそも冬になると毎年どこかが悪いような気がしてずっとそれを考えている。今年は人差し指の第一関節が90度以上曲げると痛い。去年は背中が痛かった。今年の指はリウマチか痛風だろうか。困ったことになった。

検査結果は問題ないと説明する医師に、指が痛いが痛風ではないかと聞いた(悪い結果のほうに食い下がるおれ)。

手の指からなることはないし、尿酸値は前年より減ってる、とのこと。
「それ整形外科に行っても、無理しないでねって言われるぐらいだろうね」

と言われた。

それですっかり痛みが消えてしまうのが自分でも恥ずかしい。そもそも関節は90度以上曲がらないのではないか。

去年の背中の痛みもすっかり肝臓だと思っていたが、飲んでるときにその話をしたら人に「肝臓、そんなところにないですよ」と言われて痛みが消えた。
肝臓かもしれない…と言ってたのが肩甲骨のあたりだったのだ。