webやぎの目:2006年12月

« 2006年11月 | やぎの目TOP | 2007年01月 »

陰嚢大図 (2006.12.31 Sun 23:11)

ぶり・ティッシュ・ロック
---

「陰嚢忠敬(いんのうただたか)」

50過ぎにして測量を始め、日本地図を完成させる。きんたまで。

---

さっき紅白でコブクロ見てて思いつきました。ありがとうNHK。

たぶんこれで今年の更新は終わりです。


人喰い (2006.12.31 Sun 20:20)

荒川静香がオカマに見えた.jpg
---

「人喰い」をつけるとなんでも面白い。

人喰いコンビニ
人喰い携帯
人喰いDS

一気に話が広がる。人喰いコンビニのおでんは実は…。人喰い携帯はもちろん折りたたみ。

来年は「人喰い」かもしれない。一昨年ぐらいは「今年は『底なし沼』が来る」と言ってた気がするが、来年は人喰いだね。

---

冒頭の1行は.jpgをつけるとファイル名みたいで面白いかと思ってつけた。


カラット (2006.12.30 Sat 15:22)

出かける
---

ココイチの「2辛」って「2カラット」に似てるよね。

ココイチも辛さの単位を「カラット」にすれば女性に受けるかもしれない。と書いたところでそれは髭男爵というお笑い芸人がコントのことを「コンツェルン」と呼んでいるのと同じような気がしてきた。音が似てるだけで全然違う。

カラットはいつか使うたとえ話ストックに入れておくことにしたい。

「いってみればコンビニにおける鯖寿司みたいなもの」がもう何年もストックに入ったまま使う機会がないたとえ話です。「誰も望んでないんだけど、食べてみるとうまいもの」の意味。


写真日記 (2006.12.30 Sat 02:32)

ふつか酔いでした。
---

とあるスーパーにあったクリスマスツリー(クリスマス前に撮影)。

20061230_001.jpg

サンタさんへのお願いが短冊に書いてつるしてある。

20061230_002.jpg

これは七夕だ。よその国の風習を柔軟に取り入れる日本人だが、これは新しいと思った。クリスマスが国民の祝日になるのも近いぞ、たぶん。そして京王線のなかで見かけたポスター。みんな大好き京王8000系。

20061230_003.jpg

たぶん京王の社内ではみんな好きなんだろう。8000系。担当者は社内を世間と錯覚しているような気がしなくもないがもしかしたら京王線が通っている世田谷あたりでは超クールなのかもしれない。

20061230_004.jpg

あんまり明るくて楽しそうじゃない写真。


オマラシ (2006.12.28 Thu 04:42)

正月休みにやろうって思ったことがものすごい量に
---

このまえも打ち合わせに遅刻した。出がけに「オモラシ」って名前の外人っているかな、と思って調べはじめてしまったのが原因だ。

omoracy … 0件
omolacy … 0件
omoracie… 0件


いろいろ試して、omalacy という屋根の修理屋さんがペンシルバニアにあることが分かった。でもオマラシーだ。おしっこで直したりして!と思ったけどオモラシじゃないし。人に言えるほどの新奇性もない。なんだオマラシーって。

オマラシをグーグルマップで眺めたりしていたら、遅刻した。

インターネットは僕の生活を便利にしているのだろうか。そしてオマラシさんはそんなことでリンクされているなんて思いもしないだろう。

---

打ち合わせというのは死ぬかと思ったの新刊の打ち合わせでした。皆さんの投稿をお待ちしております。


メモ (2006.12.26 Tue 00:29)

風邪っぽいのでエゾエースを飲んだ
---

きょうもアルコールを抜いているのだが、お酒を飲まないとどうなるか、衝撃の事実を発見した。

ごはんがおいしいのだ。

酒飲んでると食事の後半は酔っぱらって味がぼんやりしているのだが、飲まないと最後までうまい。だったらつまみなんてティッシュにマヨネーズつけたものでもよかったのかもしれない。

---

最近ラジオを聞きながら仕事をしている。

ラジオって商品とかイベントを紹介するとほとんど「詳しくは番組ホームページをご覧ください」だ。ホームページの宣伝のために放送してるみたいだ。

「じゃあとでメールする」とか「あとでホームページを見てください」とか、テクノロジーは先延ばしの方向に進化しているよね。

税金の申告や契約書の返送などが苦手な僕としてはたいへん喜ばしい。


寅壱 (2006.12.25 Mon 16:09)

耳かき壊れた
---

スペースシャトルの船外活動で宇宙ステーションを組み立てたり、なんかのパネルを直したりしている。

要は鳶だ。

ものすごい高学歴の人がものすごい訓練をして鳶をやっている。あれって本職の鳶のひとを連れて行ったほうが早いんじゃないかと思う。ひょいひょいひょいって直しちゃうかもしれないぞ。

宇宙服ってちょっとニッカに似てるし。


ホンカン (2006.12.24 Sun 20:57)

クリスマスでもまぐろのドキュメンタリーやってる。
---

警察官は自分のこと「本官」っていうのだろうか。本官をブジョクする気かー! とかいってるところを見てみたい。

きょう交番にクリスマスプレゼントを持って行ったら「本官にでありますか!」と言うところが見られるかもしれない。

プレゼントは子供のふりして描いた似顔絵あたりでどうだろう。


ベロタクシー (2006.12.24 Sun 16:47)

やきそばUFOキムチ&チーズというのを食べた。ふつう
---

申し訳ないのだが、ベロタクシーの運転手って親戚の職を転々としているおじさんがやってそう、って思ってしまう。

・学校出たあとずっと映画の仕事してた
・友達とカラオケボックスを始めて
・でもほらファミコン屋になってて
・「正月に気象予報士になるって言ってなかったっけ」
・「いまは、自転車のタクシーやってるらしいよ」
・親戚の集まりでは子供に人気

そんなおじさん。どっかから入手したDSをくれたりする。


ピンポンダッシュ (2006.12.23 Sat 21:51)

すぐ疲れる
---

ピンポン奪取(だっしゅ)というのはどうだろう。呼び鈴を持って行ってしまうのだ。

---

ボクシングで亀田が勝っていきなりくるりとか歌ったらびっくりするよね

---

バスのなかで「おれはリサーチのためにバスをよく使う。街のようすが見られるからね」と言っている男がいたが、発車して5分で寝てた。

---

会社に行く途中に私立の小学校がある。そこの子供が電車で騒いでいるのをよく見るが、なんか小太りの子供が多い。やっぱりいいもの食ってるのだろうか。

---

クイズ考えました。

Q.新加勢大周はそのあとなんて名前になったでしょう。

1)ケインコスギ 2)坂本一生 3)高知東急

A.誰でもいい

---

きのう笑っていいとも見てたらそっくりさん登場のコーナーのBGMが有頂天だった。


アメリカ人 (2006.12.22 Fri 00:04)

メール書くのって疲れるよね
---

アメリカ人は証券取引所でよくみっちりしてる、と人が言っていたので調べてみると確かに狭いところにみっちり入ってる。

イメージ検索の結果

むかしアメリカでやった冬季オリンピックの聖火点火も狭いところにアイスホッケーの選手達がみっちり入って火をつけていた。聖火台から遠い人はあきらかになにもしてなかった。ノリで前の人を押してただけだ。

僕があそこにいたら絶対にあの立場だろうなと思った。


禁酒 (2006.12.21 Thu 00:20)

そば食べよう
---

お酒をあまり飲まないようにしている。飲んでいると夜の1時以降は自分ではコントロールできない時間だった。別に奇行は(滅多に)しないが、仕事ができない。

お酒を飲まないと寝る直前までが自分の時間だ。目の前で仕事がへってゆくのも実感できる。朝起きたときもすぐに自分の時間だ。トイレでおえおえ言う必要はない。人生が倍になった気がする。

と言うわけでいま飲みすぎてへろへろです。

もう1本飲んでから寝ます。


アウチ (2006.12.19 Tue 02:02)

きょうは1回も「ひやあぁぁ」ってならなかった
---

スカパーで流れている飲酒運転やめようCMの叫び声が不快でならない。

飲酒運転した人に向かって家族が「もう人生終わりだぁぁ」と叫ぶのだ。慌ててるくせにきちんとかぶらないようにセリフを言うのが嫌だ。母「おわりだああ」、そこで間髪入れずに父「聞いてんのかああ」。ネタ合わせしてるみたいだ(してるんだろうけど)。

ほんとにせっぱ詰まった人ってもっとひょっとこなことを言うと思う。同僚の父親がガンの手術を終えて目が醒めたときの第一声が「お父さんもうアウチだ」だったそうだ。

しゃれにならない状況で、しかもアウチかよ、と同僚が言ってた。

でも回復したそうですっきりとしたいい話になってよかった。

---

いやなCMはこれです。


ごはん (2006.12.17 Sun 22:08)

油断するとひゃああっと痛くなる。腰が。
---

タワーレコードの NO MUSIC, NO LIFE. 以来、ノーなんとかノーライフというコピーがあふれている。

そんななか電車の吊り広告でとある雑誌の NO FOOD, NO LIFE というコピーを目にした。ごはんがなくちゃ生きてゆけない。

一回転して当たり前のことを言ってないだろうか。

それはあれだ、ほら……やっぱりアジがいちばんうまいって話だね(かなりかいつまんだ)。


ステルス (2006.12.17 Sun 00:01)

これからすかしっ屁のことをステルスって呼ぼうぜ
---

土日はスパムが多い。きょうのスパムはこんな内容だった。

・18キロやせる薬
・視力が100%回復する
・アウディが当たる
・100万円あげるので付き合って欲しい

このまえユーチューブのアカウントあてに「ブラジルの女の子のエッチな写真がたくさんアルゼ!」という英文のスパムメールが来てたけどぴくりともこなくて困った。

ブラジルって言われても。輸入物のジュースも濃すぎて飲みにくいよね。

---
ステルスって音もすかしっ屁っぽいよね。ステルスぅー。


スーパー剃毛 (2006.12.16 Sat 03:56)

湿布して寝ます
---

毛を剃ることを剃毛(ていもう)と言う。どこの毛でも剃毛なのだが、陰毛を指すことが多い。

多摩川とか大きな川に作っているのがスーパー堤防。それを聞くたびに「スーパー剃毛」と心のなかで思う。どんな剃毛だろうか。

・街づくりの基盤になる剃毛
・周辺住民の命を救う剃毛
・80年に一度の水害に耐えられる剃毛

どうでもいいだじゃれがだんだん楽しくなってきた。陰毛を剃るだけで街ができたり命を救ったり。だじゃれもあきらめないことが肝心だ。人生といっしょですね。剃毛。つるつる。おやすみ。ぐー。


腰痛バンカラ (2006.12.16 Sat 00:03)

ひどい腰痛
---

きのうから立ち上がるたびに「ひやあっ!」と声を上げている。きのうは会社に行けなかった。

・きのう整形外科に行って医者に「あしたもっと痛くなるかもしれないし、ならないかもしれない」と当たり前のことを言われる。
・医者で診察台脇のかごに財布、待合室に上着を忘れて帰ろうとする
・要はなにもかも忘れて手ぶらで帰ろうとした

これでゲタを鳴らしながら帰ったりすると豪快なのだが、恐る恐るおじいさんみたいに歩いていた。

痛いとテンション下がりますな。がんばってもこれぐらいですわ。


海老の日 (2006.12.14 Thu 03:01)

腰いたい。まずい。
---

2007年の手帳を買ったら国民の祝日の欄に「海老の日」を発見。

20061214.jpg

7月の不自然な「海の日」は海老の日への伏線だったのだ。

嬉しさが消えないうちにアップ。仕事を再開。

---

死ぬかと思ったを更新しました!


三題噺 (2006.12.13 Wed 14:24)

きのう酔っぱらってました
---

「耕うん機」と口に出して発音して面白いのはうんこ機みたいだからだろうか。このまえ取材中に耕うん機をみつけて「あ、こううんきだ」と言ったときに気がついた。

そして電車のなかで前に座った人が宇多田ヒカルのエクソダスというCDを見ていた。エクソダスも「えー くそ出す」みたいだともう20年ぐらい思っている。たしかファミコンソフトでなんとかエクソダスというゲームを見てからずっと思っている。

フンデルトワッサーというアーティストは「糞出ると、わっさー」である。それは以前に本欄に書いた。


オコナイ (2006.12.13 Wed 02:22)

僕の自慢はほっといても眉毛がつながらないことです
---

ナップスターのクリスマスバナーのかわいくなさにびっくりした。

20061213.gif

かわいい。

---

夕方5時に打ち合わせだったので出かけたら、約束の時間を30分過ぎて電話がかかってきた。風邪を引いて寝込んでいるとのこと。

「ああ、それならいいですよ! 延期しましょう。全然平気です! お大事に〜 」

僕がこんなに愛想がよかったのは打ち合わせまでにやっておくことができてなかったから(打ち合わせの冒頭に詫びるつもりだった)。だらしない人って安心します。

---

「ふだんの行いがいいからだね」ってすぐに言うおばさんがいる。観光地の売店とかによくいる。天気がいいのはふだんの行いがいいからとか。僕が警察から逃げている身かもしれないのに、と思う。愛想で言ってるのにこんなひねくれたことを思って申し訳ないけど、思う。

人を殺めてしまって逃げているときにそう言われてる人がいたら、物語のはじまりみたいでいいと思った。

そこから回想シーンが始まるのだ。


人んちテレビ (2006.12.12 Tue 14:20)

腰いたい
---

このまえ空港の待合室でテレビを見ていた。新千歳空港の近くで間違えて隣の自衛隊の滑走路に進入してしまう民間機がいるというニュースをやっていた。

僕のまわりの家族連れはまるで家にいるかのようにニュースに感想を言っていたのが面白かった。

「あぶないわねえ」
「ここ行ったことある」
「間違えないように色分けしちゃえばいいのに」

あ、それいま僕も思ったことだ。いいアイデアだと思ったのにみんな思うことだったのか。

「間違えてもいいように新千歳空港へのシャトルバス走らせちゃうのはどう?」

対案をいいたかったがよく考えたら(考えなくても)他人だ。

---

人んちのテレビっておもしろい。


1週間 (2006.12.10 Sun 23:55)

きょう更新しないと1週間あいてしまう。
---

ウェブオブザイヤーの授賞式に出たり、そのあと飲みすぎたり、ふつか酔いの状態のまま朝7時の飛行機に乗って出張に行ったりしていた。土曜日の夜に帰ってきて、きょうは会社に行ってデイリーポータルZのカレンダーにイラストをこりこり描いていた。

その間の愉快なことはきっとデイリーポータルZに載ったりするとおもうので割愛するとして、ロシア人スパイがイギリスで殺された事件で使われた毒物のポロニウム。

おっぱいポロニウムと思いついて載せる前に一応検索してみたらぼろぼろ出てきてがっかりした。

そんな1週間でした。


またよ (2006.12. 4 Mon 16:03)

鼻炎の薬のんだらねみー
---

パソコンで「よろしくお願いします。」は「よ」で漢字登録している。

メールを書いて「ではまたよろしくお願いします。」で締めるとき、「よ」を変換するの忘れて送信してしまうことがある。そのときは

> 次回の件も了解しました。それですすめていただければと思います。
> ではまたよ

ずいぶんバンカラなメールになってしまう。いちど「あばよ」で送ってみたいが、それは変換ミスという言い訳ができないので躊躇している。

わざとやってるのか。



イカ (2006.12. 4 Mon 11:07)

鼻水とまんない
---

バレンタインには決定的な欠点があると思う。

甘いものが好きでない男がいることだ。甘いもの好きにはチョコレートでいいとして、そうでない人にはなにを送ったらいいだろう。酒は飲まない人がいるのでだめだし、お金じゃ夢がない。

イカだと思う。

イカならいろんな加工品があるので味も形もバリエーションがつけられる。義理はよっちゃんいかで本命には有名店の塩辛を。自宅に呼ぶ口実にいかそうめんでもいいだろう。

バレンタインにはイカを。


冷酷なこの世 (2006.12. 4 Mon 01:22)

ラジオ買った
---

きょう喫茶店で隣のテーブルにいた女性。ずっと上司の悪口を言っていた。

上司はワカマツさん

・髪が長って言ったら翌日毛先を整えてきた
・すげえナルシスト
・だけど毛深い
・そのくせ昼ごはんはおにぎり一個しか食べない
「『毛でも食ってんじゃねえの』 みたいな」
・「あははは」

ワカマツさんは34歳。僕より年下だ。なにがいけないんだ。がんばってるじゃないか。くじるけなワカマツさん。

でも、「毛でも食ってんじゃねえの」は少し笑った。


子猫ちゃん (2006.12. 3 Sun 00:04)

ノンアルコールビールでも酔えるようになってきた
---

江戸家子猫がアグネス=チャンの婿になると、チャン=子猫だ。

英語圏では「コネコチャン」である。絶対に言わないキザなセリフとして有名な「子猫ちゃん」だが、子猫師匠しだいでは現実にある名前になるのだ。

「子猫ちゃん?」「ホーホケキョ!」 という会話も現実のものに。

しらべたら去年の「いきいき下水道フェスタ」で二人が競演しているのだ。おしい!

下水道局も狙ってたと思う。チャンツィイーでもいいね。


119 (2006.12. 2 Sat 04:53)

3日ぶりに酒飲んだ(うまいね)
---

火が消える花。

こんなものがあるということは、花だけを持った消防士もあり得るのではないか。防火服ではなくタキシード。口にくわえた花を炎に投じるのが消火活動。

「しかし貴女の心の炎は消せないのです」

が決めゼリフ。


ワンセグ紙芝居 (2006.12. 1 Fri 14:32)

ダビンチ小躍り
---

テレビと紙芝居は似ているが、テレビがどんどんひとりで見るものになっているのに対して紙芝居はひとりだと嫌だ。

1対1で紙芝居。まんが喫茶の個室みたいなところで、

「読んだか?次めくっていいか」
「今よそ見してたろ!」
「正直言っていいよ、つまんない?」

と聞かれるのだ。気まずい。そりゃやっぱりテレビが流行るよな、と思う。

---

出納長って英語だと treasurer であることをさっき知った。お宝マスターみたいな名前だ。

---

デザイナーのNIGOはいつもごはんを2合食べるからその名がついた。



メモ (2006.12. 1 Fri 03:51)

きょうもノンアルコールビール3缶
---

税務署の呼び出し、電話で説明して今日中の書類の提出を逃れる。しかしそのときに「実はほかにもありまして、まとめたほうが…」などと余計なことを言ってしまう。仕事でもそういうことってよくある。

---

ズボンをはこうとして、ズボンの前に足を出してしまうと面白い。このまま歩いてしまいたいぐらいだ。反対がわの足もズボンを越えて前に。また反対側も…。

そういうロボットがいたらいいと思う。ズボンをはこうとして歩くロボ。必殺技はズボンをはこうとしてキック。

---

くじを引かせない近所のセブンイレブンだが、レジに並んでいたら全ての客に等しくくじを引かせていない。「くじってあるんですか?」と聞いたらレジの置くから箱を持ってきた。あるんじゃん。ひいたらハズレ。

引かせろとまで言ってハズレとは恥ずかしかった。

---

会社に行ったら、今なら10階ですぐにインフルエンザの注射打ってくれるよと教えられた。6階の自動販売機が出放題になってるぜ!ぐらいのカジュアルさだった。打ってきた。

---

立川のオリオン書房で買ってきたまんが、豹マン。

20061201_001.jpg

豹マンの武器は爪。ガリガリと悪者の背中に乗ってひっかく。正義の味方らしからぬ残酷さ。


« 2006年11月 | やぎの目TOP | 2007年01月 »

過去のやぎコラム一覧