webやぎの目:2007年12月

« 2007年11月 | やぎの目TOP | 2008年01月 »

トリュフ (2007.12.26 Wed 04:31)

サンタクロースはUMAの一種
---

クリスマスイブに家で仕事をしていたら玄関のベルが鳴った。「隣のXXXですけど、ちょっといいですか」という声。水でも漏れたか!? と思って「なんすか?」と冷たく返事をすると

「クリスマスなのでお菓子をもってきました」

とのこと。手作りトリュフをもらった。トリュフをくれた隣人の横には楽しそうな隣人の友人たち。

ああ、ものすごく感じ悪い、おれ。パジャマのうえにジャージ。

---
クリスマスなのでスーパーにはクリスマス用のおかずがいっぱいあった。

20071226_001.jpg
やきそば
20071226_002.jpg
枝豆
20071226_003.jpg
かいわれ


ユンケル (2007.12.24 Mon 02:03)

「思いやり予算」って「援助交際」ぐらい無理ある表現です。
---

きのう、風邪気味だったのでユンケルを買った。二日分で2本。しかしクリスマス直前、僕の前の男はコンドームを買っていた。おとなしそうな男の子なのに、ほほう(ニヤリ)と思っていたが僕のユンケル2本も同じだと思われないか。精力ドーピング。

恥ずかしい。僕は休日出勤の帰りで全く浮ついていないというのに。レジは女性だ。喉をおさえたり、おでこを触ってみたり風邪気味をアピールしてことなきを得た(脳内で)。

いったい僕はなにと戦っているんだろう。

そう思うときはあります。


中野 (2007.12.21 Fri 12:26)

ことしもあと10日です。うそ。いや、ほんとだ。
---

きのうはじめて中野サンプラザの中に入った。ロビーに中野区の立体地図があった。

20071221_001.jpg

あふれる中野愛。気になったのがすみっこの空白の部分。

20071221_002.jpg

空き地かと思って見てみたら。

20071221_003.jpg

杉並区。しかもベコベコ。あり合わせの材料をつぎはぎして作ったのか。

隣の区への興味が全くないところがすばらしい。


ポイズン (2007.12.17 Mon 15:15)

あしたは忙しいが今日は暇
---

反町ジャパンと聞くとサッカーではなく「ポイズン」と思う。このまえ家の近所を散歩していて反町という表札を見かけた。そのときも「ポイズンの家!」と思った(もちろん別人)。

かつて反町隆史がポイズンという歌をうたっていたのだが、ものすごく下手だった。「♪こんなよのなかじゃーポイズン」という歌詞も訳が分からなくてすごかった。でも歌ってる反町隆史はいい気分そうだった。

その余波が9年たっても残るなんて思わなかった。あとから分かる名曲だね。


メモ (2007.12.17 Mon 02:35)

胃が痛いです。胃が痛い理由を考えた。
---

お酒を飲んでいるときにハメを外しすぎている人を見ると腹が立つ。腹が立つだけじゃなくて、面と向かって文句を言ったりする(ふだんそんなことは絶対しないのに)。

昨日気づいたが、それはそれでたちの悪いよっぱらいの1パターンではないだろうか。

---

終電近くの蒲田で駅員ふたりがゲロそうじをしていた。寒いのに水を出して。あれ、相当むかつくだろう。僕は自分が酔ってないときに酔っぱらいだらけの電車に乗るのが大嫌いで(やっぱり腹が立つので)、それを避けるためにタクシーに乗ったりします。

---

土日も家で仕事をしているのだが、もしかしたら平日に会社でやればいいことまで家でやってないかと思う。明け方まで家で仕事して、寝坊して会社に行って会社であんまり仕事できずに帰ってくる。帰ってから家でやる。また寝すごす…。というスパイラル。

そうやって仕事が平たくずーっとある感じが暗い気分になる。

---

小笠原「薬物より焼き肉」

> 食生活でも大好物の焼き肉を毎日のように食らい
> 「肉を食べなきゃダメだろう」と遠征先でも積極的に食べ

肉ってよくないものみたいに言われているけど、栄養なのだ。でも肉が好きって語る人のおもしろ感はなんだろう。

---


シルエット (2007.12.15 Sat 16:05)

風邪ひかないようにやたらうがいをしています
---

きのう蒲田駅でみかけた貼り紙。ホーム端の発車ベルのうえに貼ってあったので車掌向けのものらしい。

20071215_001.jpg

しかしこのシルエットはなんだ?

20071215_002.jpg

・サンバカーニバルみたいな袖がヒラヒラの服を着てる人
・バルタン星人
・JRの職員だけに通じるギャグ(「去年の忘年会のときのXXさん」とか)

東京駅では普通に人で、徐々に変化してきて蒲田ではこんな。大船あたりではサイになっているのかもしれぬ。長距離モーフィングだ。全て見てから脳内で再生されるアニメーション。

隣の駅でも確認してみます。


クール (2007.12.14 Fri 02:58)

ねむけがさめたー
---

大森のケーキ屋で買ったマドレーヌ。

20071214_001.jpg

大森貝塚マドレーヌ。マドレーヌで貝の形は定番だろう、でも大森だから貝塚マドレーヌ。こういうネーミングを見るとなんか安心する。僕だけじゃない、と思う。

---

野球選手がメジャーリーグに行きたい、でも球団は認めない。という話を毎年聞く。アメリカに行くパターンがFAかポスティングだけだが、もう1種類あるのではないか。

亡命だ。

読売の上原は亡命ででも行ったほうがいいよね。

---

3丁目の夕日って映画はほぼSFXらしい。SFXといえばこれまでは未来の映像を作ってきていたのに、最先端のテクノロジーで過去を作ってるのは後ろ向きすぎないか。晩年の国だ。

20071214_002.jpg

これは実写。空き缶がカゴにみっちりたまってて超クール!と思って撮った。

なんで超クール!と思ったのかは忘れた。



陽気 (2007.12.13 Thu 03:44)

ファンタ「アップルを探せ」味というのを買った。
---

先月、宮崎で電車に乗ったところ、先頭車両に運転手に話しかけないでという注意書きが3枚も貼ってあった。

20071213_001.jpg

20071213_002.jpg

陽気な宮崎の人が気軽に話しかけてる姿は容易に想像がつく。

20071213_003.jpg

宮崎は消火器もラフだ。



最盛期 (2007.12.11 Tue 13:27)

仕事の前に眠くなる
---

なぜ若手のアーティストは古い民家とか古い蔵でアトリエを作るのか。

古い建物をほっとくと若手のアーティストがやってくるのかもしれない。そして夕方の地域ニュースで紹介されるのだ。気を抜くとアートがやってくるぞ。

---

「最盛期を迎えている」で検索するとたくさんのニュースがひっかかる。だるま作りとかなんかの収穫とか。今日もどこかでなにかの最盛期だ。

最盛期カレンダーがあればいいのに。

---

竜の伝説は世界中にあって、でも(たぶん)実在しない。

あれは誰か大昔のひとが考えて、それを聞いた人が「超かっこいー」と思ってまた人に話して、その人がまた「なにそれ、超かっこいー」と思って人に話して…、という感じで広まったのだと思う。

でかいヘビみたいなんだけど空飛んだり火を吹いたり。たしかに超かっこいい。

超かっこいいものは時間も距離もこえるのだ。それもかっこいい。


ドリカム (2007.12.10 Mon 14:44)

UFOキャッチャーについてまだ調べていた
---

UFOキャッチャーといえば誰も遊んでないときのBGMである。

♪へー ホヘヘヘホー へー ホヘヘヘホーという妙に哀愁を帯びたメロディで、それが商店街の誰もいないゲーセンとか寂れた観光地のおみやげ屋とかUFOキャッチャーがある場所にぴったりなのだ。

あれを聴くと暇な学生時代を思い出して尻の下からぞくぞくする。町の隠れたBGMと言っていいのではないか。なんて思っていたらあれはドリカムの男(中村正人さん)の作曲だったのだ。ドリカムだったのか。ドリカムが無意識に入り込んでいたとは。

UFOキャッチャーのBGMはビデオゲーム「ソニックザヘッジホッグ」のBGMで、そのゲームのBGMを作ったのがドリカムの中村さんだったのだ。ダチョウ倶楽部のほう。

Youtubeにありました

きくとやっぱりゲームじゃなくて午後3時の商店街を思い出す。


UFO (2007.12.10 Mon 04:14)

wii おもしろい
---

大森のとあるゲーセンのUFOキャッチャーの中身は食べ物ばかりである。以前はお菓子がメインだったがついにカップ麺まで並んでいた。

100円出してとれるかとれないか分からない食料を狙うよりも隣のローソンに行ったほうがいいと思う。原始の人も狩猟があてにならないから農耕に移行したのに。

と前も書いた気がする。

---

「UFOキャッチャー」という名前がおかしい。UFOじゃない。クレーンだ。初期はクレーンがUFOを模していたのだと思うが、そんな直感的じゃない名前が一般的になるなら、E電も可能性がないわけではなかったのかもしれない。

---

宇宙人はもうすでに何世代も前から日本に住んでいて、まったく人間と見分けがつかなくて、ふつうに会社で働いていてふつうに都内に家を借りて住んでいるのかも。って考えると、あ、おれが宇宙人?って一瞬思う。


らくがき (2007.12. 7 Fri 13:09)

牛丼食べたい
---

明け方仕事をしていて、mixiの落書き機能というのをいじっていた。

やらなきゃいけないことがあるときに限ってこういうのが楽しい。自分のブログにもこういう機能が欲しい。

---

Wii の無線LANの設定をしていたら、たまたま入った近所のひとのネットワーク名がカレーうどんだった。僕も対抗しておろしそばにしてみた。ネットワーク一覧の画面がそば屋みたいで満足。

誰か間違えて入ってこないだろうか。ノートパソコンもって。

Wii っておもしろいね。

---

いま髪を赤く染めて太い眼鏡をかけたら、「あ、C-C-B!」ってみんな気づいてくれるだろうか。


メモ (2007.12. 5 Wed 22:27)

税務署から質問の手紙などもらったりしながらも働いています
---

チェ・ゲバラはフランス語だとシェ・ゲバラだろうか。革命の英雄が急に洋菓子屋さんに。革命プリン。

---

Yahoo!ニュースは見出しの前にかっこでカテゴリが書いてある。<防衛汚職>とか<大阪府知事選>など。

<ジュリー>過失傷害容疑で書類送検 車がバイクと接触

しかしこのニュースのカテゴリは<ジュリー>だ。

---

最近街で部下に鞄を持たせているおっさんをふたり続けて見たのだけれど、そういう会社は多いのだろうか。

---

税金の腹いせにWiiを買った。しかしまた消費税を払ってしまった。Wiiの電源を入れてみたら、「更新しています」という表示で20分ぐらい止まっている。おもしろくない。その腹いせで風呂掃除をした。すっきり。

もしかしたらWiiは要らなかったのではないかという気持ちにさいなまれている。


ぴよぴよ (2007.12. 3 Mon 12:54)

あ、もしかして暇かも
---

僕の携帯電話の着信音はヒヨコである。ぴよぴよぴよ、と鳴る。

打ち合わせ中に電話がぴよぴよ鳴るとまわりの人は「おや?」という顔をする。僕が携帯電話であることを説明すると、納得する。なんだそうか、と。

僕がいうのもなんだが、納得していいのだろうか。

電話からヒヨコの声がすることが間違っている。20年前、家の黒電話がピヨピヨなっていたら、そういうものだとは思わなかっただろう。

そういうものだと納得する敷居が下がっている。口からおしっこが出るのも時間の問題だ。

理屈っぽくなったので最後に飛躍してみた。


居酒屋 (2007.12. 1 Sat 17:34)

CMの真似してお吸い物のもとをかけてスパゲティ食べた
---

木曜日、蒲田のガード下で飲み屋の店員が話していた。道路に面して向かい合っている居酒屋と焼鳥屋の店員だ。

居酒屋いわく、きょうは客が少ない。あした(11/30)は週末で月末だからすごいだろう。でもきょうはだめだね、とのこと。

しかし焼鳥屋は「まあ、そうですねえ…」みたいな感じで言葉を濁している。居酒屋もそれに気づいて焼鳥屋を覗くと、焼鳥屋はほぼ満員。

「あれ?あれ?」

と声を上げる居酒屋。日付の問題じゃなくて居酒屋の人気がないだけだった。

月末で週末だったきのうもあの居酒屋はすいていただろうなー。


« 2007年11月 | やぎの目TOP | 2008年01月 »

過去のやぎコラム一覧