webやぎの目:2010年06月

« 2010年05月 | やぎの目TOP | 2010年07月 »

過去 (2010.6.27 Sun 07:19)

人の夢の話ほどつまらないものはないと思うが書く。

新聞社のサイトに奇妙なイラストレーターが載っていて、その人のプロフィールに好きな作品としてクラフトワークの過去の作品、村上春樹の過去の作品と書いてある、という夢を見た。

夢のなかで僕は、たしかに作品は発表した時点で過去のものになるので「の過去の作品」とつけるのは正しいなと思うのだ。

なんで理屈っぽい夢を見るのか。

それを書くために起きるのもどうなのか。また寝よう。


クリップ (2010.6. 5 Sat 10:09)

飲んでばかりの1週間が終わった
---
会社の机の上にクリップが入っているケースがある。

20100605.jpg

直径10センチ、高さ10センチほどの円筒状のケースにみっちりクリップが入っていた。かなりむかしにオフィスデポで買ったものだがようやく底が見えてきた。

過去の日記を検索したら97年にオフィスデポに行ったと書いてあるので もしかしたらそのとき買ったものかもしれない。だとしたら13年かかったことになる。

1997年といったら耳にろうそく立てて耳あかをとるのが流行った時期だ。あれはなんだったんだろう。

今年中にあのクリップがなくなってまた同じものを買ったら次に使い切るときには僕は52だ。その次は65。それで定年である。

クリップ視点で見れば僕の会社員生活はでかいクリップのケースを3回使いきっただけと言える。


フォロー (2010.6. 3 Thu 23:56)

ビッグローブのサイトにあなたがどんなことをツイッターに書いているか分析するというページがあり、それをやってみたら僕がいちばん書いていたのはiPad についてだった。かっこわるい。

だがやっぱりiPad のことを書くのだ。

これといって面白いソフトがないので青空文庫(著作権が切れた文学作品をデジタル化したもの)ばかり読んでいる。かなりの確率で面白い。残酷なことも織り交ぜるんだけど、文章がかっこいいのでシュっとしている。雑誌よりもこっちのほうが面白いじゃないか。

なんて書いているけどそれは梶井基次郎や坂口安吾なのでいまさら僕が紹介する必要は全くない。

このひとのツイッターがあったら間違いなくフォローしたい。

と思って探したらほんとにあった(botだけど)。新作つぶやいてくれないだろうか。


« 2010年05月 | やぎの目TOP | 2010年07月 »

過去のやぎコラム一覧