webやぎの目:2011年08月

« 2011年04月 | やぎの目TOP | 2011年09月 »

祝砲 (2011.8.24 Wed 12:43)

リビアのニュースを見ていると市民が空に向かって祝砲を放っている。

あの弾は落ちてこないのだろうか。危ない。当たると死ぬだろう。政治的なニュースでもそういうところばかり気にしてしまう。

20年近く前にベルリンの壁が崩壊したときも、人がたくさん乗っている壁の上で、ツルハシで壁を壊そうとしている男が気になった。危ない。後ろの人に当たるぞ。

さらに思い出したが、10年ぐらい前にアメリカで開かれたオリンピックでかつてのアイスホッケーチームが聖火の点灯をした。ただ人数が多すぎて端っこのひとは聖火台に触れてもなかった。

歴史的な瞬間の些細なところばかりに気になる。


notebook (2011.8.21 Sun 15:18)

ちょっと前、会社の近くで動画を撮っていたら英語で話しかけられた。「台湾から友達を作りに来た。英語はできるか?」とのこと。

少しなら、と答えると英語で話しはじめた。
「世界でいちばん売れた本は何でしょう?」。

友達にいきなりクイズである。

要は聖書のセールスなのだが、そのとき一緒にいたデイリーのライターの藤原が「notebook」と真顔で答えていた。

どっちが多いんだろう。ノートと聖書。



インドネシア (2011.8.21 Sun 03:21)

夏休みにジャカルタとクアラルンプールに行ってきた。観光慣れしているクアラルンプールはいろんな情報があるが、ジャカルタはあまり情報がなかった。
観光地ではないとか治安が悪いと書かれていることが多く、出発前にちょっと不安になっていたが行ってみたらたいへん楽しい場所だった。

たくさん撮ってきた写真のなかからいくつか選んでみた。

20110821_001.jpg
たくさんのバイク
20110821_002.jpg
ナイトマーケット。ときどき停電する(そのたびになぜか爆笑がわき起こる)
20110821_003.jpg
古本屋ばかりのビル
20110821_005.jpg
うまいめし。皿に「味の素」の文字。
20110821_006.jpg
乗りすぎの車

こういう細かいことがいちいち楽しかったのだが、わりと日本で撮るものに似てた。


サンダーバード (2011.8.10 Wed 04:45)

デイリーのUSTREAMに出てもらったラジカセ収集家の松崎さん(デザインアンダーグラウンド)。

ほかにもいろんなものを集めていて、サンダーバードの2号のプラモデルも集めている。ロンドンでたくさん買って帰るとき、空港で不審がられて荷物をなんどもX線検査されたそうだ。

「その透けた鞄のなかにあるサンダーバードがかっこよくて、とめてもらって写真撮ったんだ」

とうれしそうに話していて、どんなことでも楽しむ松崎さんはすごいと思った。


ジャカルタ (2011.8.10 Wed 04:26)

あしたからインドネシアに行く。
上野にあるインドネシア雑貨の店で売っていた民芸品がなんというか、妙な味というか、へたなのが気になっていたのだ。

20110809_001.jpg 20110809_002.jpg

大久保にあるインドネシア料理に行ったとき、店員だと思っていた男性はお客だった。
ビールを頼むと「おれ客だよ」とは言わずにだまってビールを持ってきてくれていた。そして「とりあえず乾杯しよう」と言って、さらには自分が食べていたつまみをくれた。
おもしろい店員だと思ったら金を払って帰って行った。客だったのだ。いい人すぎる。

インドネシアに行くことを決めてから再び雑貨屋に行って見どころを聞くと、いま自分が住んでる家が空き家だから泊まれという。人を信頼しすぎだろう。

ガイドブックで見るジャカルタの治安(気をつけようと書いてある)と東京で会ったインドネシア人の人の良さがまったくつながらない。

人のよさと関係ないがインドネシアは東西の長さがアメリカと同じぐらいだそうだ。意外にでかい。


白塗り (2011.8. 9 Tue 05:18)

デイリーの大北くんがコメディ映画を撮った。打ち上げで主演の男性がダンスの経験があると話していたのだが聞いてみたら元山海塾だというので驚いた。白塗りをして踊っていたとのこと。トチアキタイヨウさん。ほんものの舞踏家だった。

大北くんの映画は土手とかで撮るので関係ない人がばんばん通る。それが恥ずかしくて…とトチアキさんは言っていたが、あんな舞踏をする人も恥ずかしがったりするのがおもしろかった(すいません)。

土曜日に公演を見に行った。舞踏を見るのははじめてだけど、目が離せなかった。体を鍛えるのっておもしろそうだとはじめて思った。体を鍛えて変わった動きがしたい。腰が治ったら。


夏休み (2011.8. 6 Sat 00:31)

久しぶりの更新だが、夏休みの報告である。

来週・再来週と夏休みをとる。2週間。こんなに長い夏休みをとるのは社会人になってはじめてだ。

今年の春、どこかのサイトに「今年の夏は電気が不足するので長期の夏休みをとる会社が増えるだろう」と書いていたのを妙に期待してしまった。だが会社が長期休暇を用意するようすもないので自主的に休むことにした。

有給休暇はフルに残っているし、勤続15年目のごほうびの休みもフイにしていたので(10年目もとってない)2週ぐらい休めてしまう。最近読んだビジネス書に年に1回は2週ぐらいの休みを取るべきだと本に書いてあった。チーム内でそれぐらいの仕事のやりくりができないようでは困るとも。なるほど。そうだそうだ。

今年は長期休暇が認められる風潮だし、チャンスだ。

でもこうしてブログにいいわけのエントリー書いてしまうぐらい落ち着かないわー。


« 2011年04月 | やぎの目TOP | 2011年09月 »

過去のやぎコラム一覧