webやぎの目:2012年02月

« 2012年01月 | やぎの目TOP | 2012年03月 »

サーモグラフィ購入 (2012.2.21 Tue 02:01)

ずっと欲しかったサーモグラフィをついに買った。きょう受け取ったのだが、はじめてデジカメを買ったときぐらいの興奮がある。世界が違って見える。
2012_02_20_07.jpg
小田急ハルクのネオンは熱くないが、三井ビルのXの鉄骨が暖かい。
2012_02_20_08.jpg
工事現場の太陽のような照明は明るいだけじゃなくて熱い。やっぱり太陽だ。
2012_02_20_09.jpg
暗いところの人もよく見える。
2012_02_20_10.jpg
電車は台車の部分が熱い。駅員のふくらはぎも熱い。
2012_02_20_11.jpg

これからサーモグラファーを名乗ってツイッターのアカウントもサーモグラファーで取ってもちろんアイコン画像はサーモグラフィ画像で…!と夢広げていたらすでにやってる外国人がいて驚いた。

このカメラをもって日本中旅したい。


Tポイントカード (2012.2.20 Mon 12:18)

新しいラブプラスをふたつ買った。

ひとつは人に渡す約束をしていたもの、もうひとつは自分用だ。ツタヤのレジにふたつ持っていったときにコレクターだと思われたらどうしようと思った。ひとつは遊ぶ用でひとつは保管用という本気のマニアだ。

そう思われないようにレジでは努めて明るく振舞った。
ふだんだったらTポイントカード持ってるか聞かれても「ないです」と言うだけなのに、「家にあったような気がするけど、きょうはいいかなー。たぶん期限切れてるし」などと答えるのだ。
しかしポイントを加算するだけなら新しく作ったほうがいいと説明されて素直に作った。
「よし、作っちゃおう!」なんて言って。

こうして人はTポイントカードを作っていくのだろう。


いいもの見た力(りょく) (2012.2.18 Sat 15:40)

ちょっと前だけどお台場のカルチャーカルチャーで仕事を終えて駅に向かって歩いていると、ZEPP TOKYOのコンサート帰りの集団といっしょになった。集団はおもに40代から50代の女性。男性アーティストのコンサートだったらしい。

口々にコンサートのよかったところを話しながら歩いているのだ。
「きょうよかったわー」
「あの歌がよかった」
「靴がよかった」
「それわたしも気づいた。よかった」
「なにしろかっこよかった。」

彼女たちのなかでどんどんコンサートがいいものになっていっていく。なんとなく会話が耳に入った僕もいいものだったんだろうなという気になった。

むりやりポジティブな人は気持ち悪いけど、あのいいもの見たと思う力(りょく)はうらやましい。

税金の督促状見てもいいもの見たわーと言いたい。


モレホットスポット (2012.2.15 Wed 09:20)

このまえ書いたモレリークスについてこのように語ってくれているツイートを見かけた。

そうか、もらしそうになったにすればいいのか。モレリークスが実現したらたくさんの人がもらした場所が分かると思っていたのだ。モレのホットスポット。新宿駅の特定の場所とか(たぶんどこかのトイレの前が多いと思うんだけど。力尽きて)。街の危険な場所が浮き彫りに。

秋葉原駅の山手線ホームでけんかしている人を2回ぐらい見たことがある。総武線に乗り換えるエスカレーター近くだ。

乗り換える人が多いのにホームが狭くなっていて人がいらいらする作りなのかもしれない。
そういう構造が人に作用している場所がわかると面白い。

モレでだ。



凹むiPhone (2012.2.14 Tue 01:03)

土曜日にデイリーにアニメGIFを載せた。
作る過程を説明するのは野暮だけど、iPhoneの厚み以上に凹んで見えて嬉しいので書く。

2012_02_14_01.jpg
iPhoneを置いて写真を撮る
2012_02_14_02.jpg
その上にPhotoshopで凹んでいるような絵を描く
2012_02_14_03.jpg
その絵だけ抜き取って
2012_02_14_04.jpg
ぐるーんと回転させて
2012_02_14_05.jpg
iPhoneのスクリーンの形になるように変形(自由な形)
2012_02_14_06.jpg
それをもういちどiPhoneに表示させる。ゆがんだまま
2012_02_14_07.jpg
最初の写真と同じアングルで見ると凹んで見える。

これをコマ数分だけ描いてコマ撮りしてつくった。

2枚目と最後の写真がほぼ同じで、もしかしたらPhotoshopでiPhoneの上にイラスト描いてアニメ作ってもほぼ同じだったんじゃないか気がしなくもない。


観察 (2012.2.12 Sun 23:18)

未来館のウメサオタダオ展、パナソニック汐留ミュージアムで今和次郎展を見た。どちらも見たものはなにひとつ忘れまいとする観察の細かさは執念めいていた。そしてスケッチがうまくて、記録をきちんと整理している。ひとりグーグルみたいなふたりであった。

写真撮って記録した気になっていてはいかん。真似してこんど観察したものをイラストにしてみよう。

もうひとつ、ふたりの共通点は長生きだということ。90歳と85歳。観察する人は長生きするのか。楽しそうだもんな。

2012_02_12_05.jpg
ウメサオタダオ展で展示されていたコンニャク

そして前の日にはカルカルで花のズボラ飯実食ナイトに行った。久住昌之さんのスライドがこれぞ路上観察という写真でおもしろかった。奇をてらわずに王道でおもしろいのはすごい。トロがうまいのはあたり前だけど、うまいサバぐらいありがたい。

たまたまいま「ビジネスマンのための行動観察入門」という本を読んでいて、これも大阪ガスの社員が1日じゅう主婦にくっついて行動を観察したりしているようすを描いた本。大阪ガスすごい。

やっぱり観察だ。
世の中おもしろいことだらけだ、という超ポジティブな気持ちになった。ポジティブすぎて、仕事なんてしてる場合じゃないとまで思った。

2012_02_12_07.jpg
最近買い直した林丈二 屁と富士山から、きつねそばのあぶらあげの切り方。これも観察の本


モレリークス (2012.2.11 Sat 02:03)

モレリークスという企画を考えた。うんこもらした人がその地点を地図上にポイントしていくウェブサービスだ。

アイデアを話したところ、バカ日本地図の谷口さんがプロトタイプを作ってくれた。「サンプルで投稿してみてください」とメールが来たので入力しようとして気づいた。

恥ずかしい。

しかも今これにさわれるのは僕と谷口さんしかいないわけで、誰がもらした話かすぐばれてしまう。「谷口さんこそサンプル入力どうぞ」と返信したがやはり入力はなかった。

もじもじしているあいだに月日は流れ、いまは別のウェブサービスのプロトタイプになっている。
サンプルすら入力できないものをリリースしないでよかった。


新宿 (2012.2.10 Fri 04:31)

会社が新宿に引っ越して驚いたのが西口で詩集(私の志集)を売っている人がまだいたことである。

僕が高校生のころからいる気がする。気になって何度か買ったことがあったけど、きょうまた買った。前に買ったときは同じのだったのでもしかしたら今回も…と思ったら新作で安心した。

詩を書いているのはあの女性の夫らしい。むかしなにかの雑誌で読んだ。詩集には年齢が書いてあって、あの女性は50歳、夫は86歳と書いてあった。年の差があることは知っていたが、もうけっこうな年になっていた。僕も40だし。

詩集を売ってる人がいて、タイガーマスクが新聞を配り、いろんな国の人が住んでいる新宿は自由度が高い。西口の歩道橋の階段の下だけ排気ガスと油のにおいがまざってインドやタイと同じ匂いがするのもおもしろい。

新宿を称えるつもりが枕草子みたいな文になってしまった。


« 2012年01月 | やぎの目TOP | 2012年03月 »

過去のやぎコラム一覧