« いいわけ | やぎの目TOP | 愚痴 »

文体模写・習作(2013.12. 2 Mon 01:14)

近所の古本屋で古いパンフレットばかり買っている。

昭和初期の観光地や温泉ホテルのパンフレットの説明はどれも堂々として優雅で、景色を描くさまはとてもかっこいい。

20131202_001.gif
↑さっぽろのようす
20131202_003.gif
↑秩父
20131202_002.gif
↑摩周湖

読点(、)でつないだ長文であるのも特徴だと思う。

この文体で六本木ヒルズを描くなら

当ビルヂングは帝都の繁華街の中でも最も先端と言われる六本木の中心にそびえ、最新鋭のビジネスオフイス、高級住居、ショッピングアーケードを擁する超高層建築として、その名は日本のみならず世界にも響き渡り、海外からも多数のお客様がおいでで御座います。

なんて感じかもしれない。駅前のダイソーだって
当店は食品から家具まで均一価格にてご提供する極めて近代的な店舗として地域の皆様に「是は便利だ」と御好評を戴いており、又その在庫数たるや城西地区で突出した数を誇り、米国のウオルマートを彷彿とさせると云われております。

と書くとロマンあふれる店に聞こえる。

こういう期待感があると近所も旅っぽく感じる。この文体はもうちょっと練習しよう。