« ゼリー | やぎの目TOP | フラクタル »

漁師語(2014.6. 1 Sun 13:22)

むかし離島に行ったときに、地元の人が漁師は口が悪くて当然と話していた。

「船の上で『それとってくださいますか』なんて言ってたらその間に魚逃げちゃうからね。『とれ!』って言わないと」

たしかにそのとおりかもしれない。

短くて早い言葉は乱暴に聞こえる(たぶんどこの国でも)。丁寧に言えば言うほど長くなる。仕事のやりとりだって「むり」「やって」「買え」「わかった」を長くして言いあってるだけとも言える。

素早い動きが必要な仕事は乱暴な言葉で、初見の人と会う仕事は長いいいまわしになるのだろう。短い言葉は漁師語、長い言葉はサラリーマン語という別の方言だと思うと納得できる。どっちが悪いとかじゃなくて、違う言葉。

うちにきた引っ越し屋さんは仲間内で「そっちもってください」「おろします」など丁寧な言葉づかいだった。あれはああしないとバイトがすぐやめちゃうからという理由だと思うけど。