うんこは熊である

きのう、新宿駅西口の路上にうんこが落ちていた。

最近は犬のうんこもあまり落ちてないが、あれは人のだと思う。びっくりしたし、うっかり見てしまって気分が悪くなった。ツイッターを検索すると僕が見た1時間前に新宿でうんこしてるやつがいる、と書いている人がいたのできっとそういうことなんだろう。

警備員が少し離れたところに立っていた。気づかずに近づく人いたら注意するのかもしれない。あの警備員の人生を少し考えた。10代の頃、フレミングの法則を覚えたり、夏休みのプールで泳いだり、好きな人ができたりしたがまさかうんこの警備をする時間が来るとは。ライフオブサプライズである。

しかしほんもののうんこはへこむ。3月にニューメキシコに行ったときもホテルまで歩いてたらでっかいうんこがあってへこんだ。はじめての町の緊張感が一気に増した。

普段、うんこと気軽に口にするしうんこのイラストにも親しんでいるが本物はきつい。できれば避けたい。

つまりこれは、熊だ。

物語の熊はかわいいが、本物は恐ろしい。死ぬかもしれない。うんこと熊は同じである。

新しいiPhoneではアニメーションする絵文字が使えるらしく、そのなかにうんこがあると話題になっていた。でもそれはあくまでもファンタジーのうんこである。熊でいえばイヤリングを拾って踊ってくれるほうだ。

よくできた社会は死と排泄を見えないようにしていく、と昔読んだ本に書いてあった(バタイユだっけ)が、うんこと熊のことを考えてもまさにそれである。

へこんだわりにうんこの話になると筆が乗るな。

寸劇

老人に振込詐欺への注意を寸劇で説明しました。

というニュースを見かけるが、別に老人は子どもじゃないんだから寸劇ではなく普通に説明すればいいと思う。

寸劇を見せられた老人も、普通に言ってくれてもわかるんだけど好意でやってくれてるからまあ見ておくか、と思ってるのではないか。

しかし、ああいうニュースを老人の立場で見ている自分に驚く。老いだ。

どうせならヒッグス粒子の話とかを寸劇で説明して欲しい。

お札を洗う

サンフランシスコの科学館 exploratorium に行った。科学を体験させる展示がおもしろくて興奮した。脱出ゲームのスクラップも全米で大人気だしやっぱりコンテンツは体験よねーなんて話していたが、よく考えると日本の寺社仏閣も体験ものが多い。

煙を自分の悪いところにあてる。輪をくぐる。瓦を投げる。お金を洗う。鶯の鳴き声が聞こえる床。

どれも見るだけじゃなくて何かしらのアクションが必要である。それだけでも面白いのに(お金洗うのは楽しかった)、ご利益があるという。そのご利益というものが定量的に測れないというのもまた女子力アップ!とかイノベーション!みたいである。

そういうものにヒントがあるかもしれない!

…こうして珍スポットができていくのだろうか。

断言すると金になる

テレビで占い師が話しているのを見た。この日生まれの人は食べ過ぎに気をつけましょう。玄関に黄色いものが置いてあると福が訪れます。

根拠のないことを断言している。

一方、科学者は断言しない。その可能性はあります。ぐらいである。(それはとても科学的な態度だと思う)。

しかし会社や仕事でも断言する人は重宝される。「これからは水餃子だ」「このプロジェクトは長期的に必要だ!」。あの人が断言するからそうなのかな、なんて思ったりする。それが正しかったかどうかは関係がない。断言することが大事なのだ。

断言すると金になるのかもしれない。

いや、断言すると金になるのだ。断言していこう。

おにぎりにしょうゆを垂らすとうまい!
シャンメリーに焼酎を入れてもシャンパンにならない!

いや、そういうことを言いたかったのではないのだが。

 

 

 

とり皮iPhone

去年、健康診断でコレステロール値が高すぎると言われた。

数値を説明する医師に「焼き鳥の皮とか食べちゃだめだよ」とピンポイントで言われたのだが、そのときのiPhoneの壁紙が焼鳥の皮の写真だったのだ。

これ

「鳥皮ですか…そ、そんなに食べてないですねー」と言いながらテーブルの上のiPhoneを隠した。

昭和のまんがみたいだなと思った。

口の周りにあんこたくさんつけておいて「ま、まんじゅうなんて食べてないであります!」と言うコントの21世紀版だ。

民博のにおい

先週、ずっと行きたかった大阪の国立民族学博物館に行ってきた。

世界中のものすごく変わったものからちょっと変わったものまで展示されていた。こういう文系ミュージアムが存在していることが興奮する。

ゲル。いまはパラボラアンテナと太陽光パネルがついてるそうだ。

かつて日本ではアラブがこのようなイメージだったという例。そういえば月光仮面というのもこの時代の中東イメージがもとになっているのかもしれない。白いターバンだし月だし。

世界は変わったものがたくさんあるなーと思って最後に日本の展示を見るとまったく負けてないインパクトだった。これは長野の道祖神。

見てて途中で気づいたのだが、中東のテントや藁でできた人形などは匂うのだ。

その土地のくらしの匂いである。それが良かった。

インドネシアでもニューメキシコでも「うわー知らんとこ来ちゃったー」と思うのは匂いである。

今度行くことがあったら最初から展示物の匂いをかいでいきたい。

全く関係ないが、これは千里中央で見かけた下手なでかい文字。こういう大きい文字にもノウハウあるんだなと思った。

大きい下手な文字で思い出したが、これもよかった。

コンピューターを使っているのにそれでも読みやすくならないところに、AI時代に人間ができることについての示唆があるのではないだろうか。

後半、まったく心にもないこと書いた。

つぼいち

吉田類の酒場放浪記を見ていたら五坪という店を訪れていた。その名の通り店の広さが5坪なのだ。

つぼ八がもともと8坪の狭い店から始めたのは有名な話である。

大森に「つぼいち」か「いちつぼ」か忘れてしまったがそんな名前の居酒屋があった。狭い入り口の店だった。これはもしかしたら1坪?!と思って入ったら入り口だけ広くて中は柔道場みたいに広かった。時空が歪んでいた。

あれは意外だった。

 

富永一朗ギャラリー

富永一朗の作品を展示している場所は全国に7ヶ所あるらしい(ネットで調べただけでいまも営業しているかわからない)。

富永一朗忍者漫画館
富永一朗海の漫画館
富永一朗とが漫画館
富永一朗はなわ漫画廊
富永一朗あづま漫画廊
亀山ハイウェイオアシス富永一朗漫画廊喫茶
道の駅 関宿 富永一朗漫画廊

富永一朗のギャラリーについて調べるのはこれで2度めである。2000年にも調べてサイトに書いていた。当時は一覧が載っているページがあり、そのときは8箇所だった。(インターネットアーカイブにページが残っていた

17年経っても1館減っただけだ。

富永一朗忍者漫画館に至っては富永一朗と忍者というベン図が交わらなさそうなところをターゲットにしているのがすごい。

と思って調べたら忍者についての画集を出していることを知った。Amazonで古本が26,800円になっていた。

ベン図交わらないだろと思っていたが古本の値段を知ったらちょっと行きたくなった。おれか。

早起き

六本木にある東京ミッドタウンでBigFaceBoxが展示中である。20日まで。

初日の18日は朝7時集合で設営であった。朝7時に六本木か、早いぞ。

早い上にいつもと違う場所だ。遠足気分でわくわくする。

そしてその日は夜にも予定がある。これは早朝の仕事を終えて、スーパー銭湯などで仮眠して夜に備えるのはどうだろう。そう考えて仮眠できる場所を探しておいた。カバンにこっそり着替えを入れておいた。

しかし朝7時のミッドタウンなんて普通に出勤してる人はいるし、設営終わってから仕事をしていたらすぐ夜になった。風呂に入る暇などなかった。なんで昼に風呂に入ろうとしていたのか。

早起きを避けていたら、早起きに過剰に準備するようになってしまった。恥ずかしい。

大きな帽子情報

デイリーポータルZで2003年に書いた「大きな帽子をさがして」という記事を今のレイアウトにして掲載した。

32歳の僕が渋谷~原宿で帽子を探して、けっきょく見つからずに落胆しているだけの記事だ。でかい帽子を探す記事はこのあと3件書いた。

2003年11月 大きな帽子を作ろう
(アンデミルミルという簡易的なあみもの器具で巨大なニットキャップを作る)
2010年4月 大きな帽子は岐阜にある
(大きなサイズ専門の通販ショップで大きな帽子を探す)
2013年1月 4L(64センチ)の帽子を売る店
(大きいサイズの品揃えが充実している帽子屋さんを訪れる)

上記の記事で紹介している店はこのふたつ
ミッド・インターナショナル
ろしなんて工房
どちらもおすすめです。

このような記事を書くと、知り合いから「僕も頭が大きいです」と言われるので、もしかしたら大きい頭の人が増えているのかも………!と思うのだが、どちらの店も「昔から注文数は変わってない」と話していた。

日本人の頭は年々大きくなってないらしい。SNSで大きな頭の人の声が届きやすくなっただけである。無念。だけどそりゃそうだろう。

最初の記事を書いたときに、アメリカ大陸を横断しながら帽子を探す記事を書いたらかっこいいということを住さんと話した。グレイハウンドで移動するロードムービーのような記事で、タイトルはDo you have a hat large enough? とか僕がずっと言うセリフだろうか。

でも、実際にアメリカに行ってみるとアメリカ人はそんなに頭大きくなかった。

9月にサンフランシスコに行く予定なので大きな帽子をさがしてみようか。

ロードムービーのイメージは「パリ・テキサス」である。