わ、うごく!なんだこれ?

FacebookでアニメGIFが投稿できるようになったのは去年である。はじめて見たときは

「わ、うごく!なんだこれ?」

と驚いた。いまFacebookのプロフィールが実は動画にすることができて、動画にしている人を見るとやっぱり「わ、うごく!なんだこれ?」と思う。1996年に出たネットトラベラーズ96という本でサイトの背景にアニメGIFを使う方法が紹介されていた。当時はそれがかっこよくてやっぱり「わ、うごく!」と思ったものである。

新しいiPhoneの待ち受け画面やWindows7の壁紙も動くし(どちらも使ってる人はいないけど)、Facebookに投稿された360度動画にしても「わ、うごく!なんだこれ?」である。

ネットの歴史は「わ、うごく!なんだこれ?」の歴史なんじゃないかと思った。ざっくりと。

ウェブメディアを作る上で大事なこと

このまえデイリーの投稿コーナーのコメントにも書いたのだが、ウェブメディアを作るためにとても大事なことがある。

外の撮影にはビニールシートを持っていく

である。公園や河原で撮影すると、荷物を置く場所がないのだ。ベンチに置こうとしてもそうそう近くにないし荷物で占領するのは気が引ける。ビニールシート敷いてそこを荷物置き場にすると身軽になって撮影がはかどる。

ひとりならコンクリの上に置けばいいのだが、たくさんの人が集まるとなかには地べたに荷物を置くが嫌な人もいる(ふつうの大人はこっちかもしれない)。テレビだとロケバスに荷物をおいたりするのかもしれないが、ロケバスなんてない低予算ウェブの場合はビニールシート必須。

荷物置き場から目を離すと置き引きにあうので(免許から財布から全部持って行かれた)、誰かいたほうがいい。これもTIPS。

ことし面白かった読みもの

ことし面白かったウェブ記事を選んで欲しいという連絡があった。

自分の仕事に関係があることをだである体で書くと偉そうなので、ここからですます調になります。これです。

北関東3県は「宇都宮県」に 幻の28道府県案

この道府県案だと下関が福岡に入ってるんですよね。この記事を読む前に山口に行ってて、どうもここは福岡文化圏っぽいぞと感じていたのでしっくり来ました。この川尻記者の書く記事はどれもおもしろくて、1900年のオリンピックにハト撃ちという競技があったというこの記事(60m走やハト撃ち、都市計画… 驚きの五輪競技 )もたまらないです。

ネット媒体に載る記事ってソーシャルメディアで誰がなにを言ったとかスタートアップとか話題が偏っているので、こういうコンパクトな滋養みたいな記事をもっと読みたいと思ってます。

日経のライフ欄のほかに乗り物ニュースもよく読んでます。この記事など細かすぎる話題が最高です。

行先は「区画整理」? 一風変わったバス停が東京に登場

カラスヤサトシさんが毎日更新している4コマで、ひとコマ目からいきなりうんこ漏らしている話も忘れられません。

3年ぶりに漏らす

これを読んで僕もうんこ漏らした話とか書かなきゃダメだなと反省した記憶があります。ほかにも大住さんが腐ったハンバーガー食べていて、15年ぐらい前のインターネットが続いてる感じが心強いです(でもよく風邪をひいているので体に影響出てるのではないかと心配してます)。オモコロでARuFaくんが家を森にしていたのも笑いました。ARuFaくんはコメディに徹していて語らないから安心して読めます。

自分が関わった記事で言うと、どれも最高なので(しれっと書くけど)、とりあえずこれでいいです。

進化の順番で寿司を食べる

岸政彦さんの笑いについてのテキストもすばらしかったけど、これは発表が去年の10月だから対象外ですね。

笑いと自由

以上です。

グーグル翻訳の使いかた

グーグル翻訳で入力フォームの言語を自動検出にして、適当なアルファベットを入れるとおもしろい。

u だけ入れるとクロアチア語だと思って、英語の”in” 日本語の「で」と翻訳される。uuだとソマリ語だと判断して、”he”か「彼」だ。

20150801_001

h a y a s h i と入力していくと、haのあたりでスペイン語と判断されて hayas で「あなたが持っています」という意味になった。そうだったのか。

20150801_002

適当な日本語を入れると、それがどこかの国で別の意味になっていることがわかる。

20150805

練馬区はインドネシアでは「受信されました区」だ。

うんこの意味はよくわからない。吸虫ってなんだろう。カフカ的ななにかか。ちなみに入力フォームの左下にあるスピーカーのアイコンをクリックするとしゃべる。ラテン語の発音でウンコと言わせて満足だ。

まじで!はトルコだと「過去において」である。急に政治家みたいになった。

グーグル翻訳があると自分の名前や住んでいる土地がよその言語でおかしな意味になっていることが分かる。なんとなくインテリになった気がするが、別にそんなこたあない。