ログ欲

このところ記録をとりたいブームがきている。身につけているだけで記録がとれる計測器をふたつ買った。

20150829_001

左が心拍数と歩数、右が温度・湿度・気圧が測れる。

20150829_002

これが僕の心拍数のログ。飲み過ぎて2時過ぎに寝たのだが、寝てるにもかかわらず心拍数があがっていて驚いた。飲んで寝てもぜんぜん寝た気にならないのはこのせいか。昼に急上昇したのは家の近所を走ったから。

20150829_003

こっちは湿度の変化。湿度ってこんなに変わっていたのか。

むかし読んだまんがで、ただ歩いているのがもったいないから磁石を引きずって砂鉄を集めてるサラリーマンが出てきた(たぶん中川いさみさんのまんが)。とりあえずログをとっておくか、というのはあの砂鉄を集めるサラリーマンの感覚に近い気がする。

ログも砂鉄ぐらいどうしていいかわからなくて、ただグラフを眺めてニヤニヤしている。フェチだ。

アメリカ所感

サンフランシスコとシアトルに行ったことをデイリーポータルZに書いた。

札束風呂、アメリカでうけました
ハトマスクの故郷に行った

7月のアドテック英語セッションからプリン体ナイト、MakerFaire東京、サンフランシスコ札束風呂とイベントが続いたが全部成功に終わった(と自分で平気で書く)。

札束風呂をやって、アーチーマクフィーに行って感じたのはここは冗談が冗談のまま通じる場所なんだな、ということである。札束風呂をやっていても理由を聞かないし、ひとつも役に立たないものを作って売っている店がなりたっている。

そういうナンセンスや笑いをわかる人は日本にもたくさんいるが、こう、社会のなかで認められている感じがしたのだ。くだらないものや笑いを「暇つぶし」「話のたねに!」「こういうのが分かっちゃう私」みたいな言い訳をしてない(デイリーとかの笑わせるだけの記事を「暇つぶし」というカテゴリで配信しているニュースサイトを見ると本当にがっかりする)。

これは冗談か、わははは、面白い、じゃ!

という感じだった。札束風呂は特に。

アメリカ行って、アメリカはさあ…なんて話をするなんて西洋かぶれもいいところだが、やっぱり違いはあった。
文明は直線的に西欧化に向かうんじゃなくて、いろんな文明が並列にあるというのはレヴィ=ストロースも言ってるので(読んでないけど)、文化に良い悪いはないのだが、この雰囲気は僕みたいな商売には向いていると思った。

これは雑貨屋で買ったキリストの着せ替え人形。

20150827_00320150827_004

こういうのもよくわからない。キリストは絞り染めのシャツが似合う。作った人もそう思ったのだろう。

冗談が冗談としてなりたっているので無粋な不謹慎というつっこみがないのだろうか。それともそう言われながらも売ってるのをたまたま日本人が見つけてしまっただけか。

そしてこういうものがいちいち高い。全体に物価が高いのだが、冗談で売ってるものも20ドルとか30ドルとか平気でする。経済問題とか一切興味がないが、冗談を認める文化と好景気がリンクしているのだとしたら、好景気もいいかもしれない。おれのために。

出張

1週間、出張に行っていた。サンフランシスコでJ-POPサミットというイベントに参加して、シアトルでハトマスクを売っているアーチーマクフィーに行った。その内容はまたデイリーポータルZに書くと思うので、細かいこと。

20150816_003

アメリカの二度漬け禁止

20150816_002

ジャム売り場のテイスティングの注意でした。

シアトルではマイクロソフトにも行った。

20150816_006

売ってるTシャツがマイクロソフトらしい。簡単に言うとださい(好きだけど)。

20150816_007

そしてなんだかよれよれなのが気になる。

20150816_008

ホテルにあったコーヒーメーカー。ミスターコーヒー。ネイティブでもこんな安易なネーミングをするのかと思った。

スーパーはさすがに資本主義が爛熟している国だけあって、ウワーと思わせるものがたくさんあった。

20150816_009

冷凍食品のピザがでかい、種類が多い。

20150816_010

オレンジジュースがたくさんある。僕はなっちゃんみたいな薄いジュースがすきなのだが、どれも濃そう。

20150816_011

ハーゲンダッツがでかい。レディボーデンのサイズだ。

20150816_004

シアトルの空港内の乗り物。日本語でも案内が出たが女王様みたいだった。ほんとはこのあとに「ください」という文字が出るのだけれど。

20150816_005

不安な感じで日本に向かう飛行機。

20150816_001

自転車に乗るアリクイ。村上春樹の小説みたいだ。

アメリカは銃の音とパトカーのサイレンがなり響くゴッサムシティを想像していったのだが、思ったよりきれいでシアトルなんて代々木上原みたいだった。
そして子どもと犬が良くしつけられていておとなしい。路上生活者は叫んでいる人をよく見た。バリアフリーが義務化されているので車いすで生活している人が多い。だからトイレが超広い。iPhoneのマイク付きのヘッドホンで電話している人も多かった。電動キックボードや掃除の人が電動カートに乗っていたり、変わった乗り物をよく見た。

会うと「その時計いいね」とかとにかく余計なことを言う。いいねと言いすぎてるせいか、 good や perfect などの言葉がインフレを起こして、すぐにawesome(辞書には「荘厳な」って書いてある)と言ってた。

レストランでビールとピザを頼んだらウェイトレスがawesomeと言って帰っていった。日本語のニュアンスの「神」みたいなものだろうか。しかしオーダー受けて「神!」とは言わないな。

沖縄の人がまあまあいいぐらいのものを「上等」って言うのに似てる。あと、シアトルで見た魚屋が手を叩いていた。どこの国も魚屋は手を叩くのだろうか。インドでもマーケットで野菜売ってる人が日本の八百屋と同じようなダミ声を出していたっけ。

違うところもあるけど同じところもある。

まとめようと思ったがまとまらないので当たり前の感想で終わる。

グーグル翻訳の使いかた

グーグル翻訳で入力フォームの言語を自動検出にして、適当なアルファベットを入れるとおもしろい。

u だけ入れるとクロアチア語だと思って、英語の”in” 日本語の「で」と翻訳される。uuだとソマリ語だと判断して、”he”か「彼」だ。

20150801_001

h a y a s h i と入力していくと、haのあたりでスペイン語と判断されて hayas で「あなたが持っています」という意味になった。そうだったのか。

20150801_002

適当な日本語を入れると、それがどこかの国で別の意味になっていることがわかる。

20150805

練馬区はインドネシアでは「受信されました区」だ。

うんこの意味はよくわからない。吸虫ってなんだろう。カフカ的ななにかか。ちなみに入力フォームの左下にあるスピーカーのアイコンをクリックするとしゃべる。ラテン語の発音でウンコと言わせて満足だ。

まじで!はトルコだと「過去において」である。急に政治家みたいになった。

グーグル翻訳があると自分の名前や住んでいる土地がよその言語でおかしな意味になっていることが分かる。なんとなくインテリになった気がするが、別にそんなこたあない。