食い気味水戸黄門

水戸黄門の悪役が食い気味だと反省の色がなくていいと思う。

「ひかえおろう!ここにいるお方をどなたと…」「ハハー!」
「恐れ多くも先の…」「ハハー!」
「この紋所が目に…」「ハハー!」

「この鮒さむら…」ザパー!

忠臣蔵は食い気味だと自然だ。

 

8月31日

もう学校を出て20年以上経つのに、7月31日になるとまだ夏休みが1ヶ月ある、よかった!と思う。

実際の学生のころは7月31日に8月31日だと思い込んで暗く1日を過ごし、夜になると実はまだ7月31日でした~!とバラすというひとりプレイまでしていた。

そして大人になっても8月31日になると、実は7月31日でした~!というフェイクではなく、本気の8月31日であることにびびる。

日付ひとつでこれだけ一喜一憂できるのは得かもしれない。月末だから立替金の伝票を書かなければ。

安い射幸心

あたりつきの自動販売機がある。4桁の数字が全部揃うとあたりのやつ。

ピピピピピ………と3桁まで数字が揃って、最後の一桁が必ずひとつずれる。7778とか、3334とか。

自動販売機で当たることを期待していないし、別にもう1本欲しくない。

なのにすごくいいもののような顔をして、射幸心を煽ろうとしているのが生意気である。射幸心って言ったってとりあえず喉乾いたから買った麦茶だ。

でも最後の一桁まで見てしまうのが悔しい。

今日のここ最高予報

天気予報は注意喚起ばかりだけど、まったく注意しなくていい場所も伝えて欲しい。

きょうのこの地域は、暑すぎず寒すぎず、乾燥もしてないし、にわか雨の可能性もない。外でビールとか飲むと最高です。しいて言えば飲み過ぎに気をつけてください。

という最高の情報だ。

北見など道東の水害の情報を見ていて、夏の道東ってきっと最高なんだろうけどそういえばそっちをぜんぜん知らないなと思った。

今年は沖縄の台風のニュースを聞かなかったのできっと静かに沖縄は最高に違いない。

 

マーケティング

世の中でマーケットの多いものは

まじめなもの > かっこいいもの > おもしろいもの

である。自分がおもしろいものが好きなのでそっちが人気だと思っていたが、世の中で売れているのはたいていまじめである。本も服も食事もだ。

以前、会社見学に来た高校生にふざけた記事を紹介していたら「まじめなものはないんですか?」と真顔で聞かれた(翌年からはまじめはいかに非クリエイティブで効率が悪いかというスライドを入れることにした。恨みで。)。

ヒカリエの8階で展示をやったときも、タライが落ちてきた瞬間の写真が撮れるフォトブースよりも、向かいのスタイリッシュな展示のほうが人気があった。

テレビを見ていても、まじめ > かっこいい > おもしろ の順で番組が多い気がする。商売をするならまじめマーケットを狙ったほうがよかったことに今さら気づいた。やんないけど。

デスクワークだけだと腹も減らないし眠くもならない

デスクワークだけだと腹も減らないし眠くもならない。

8月上旬、眠れない時期があったのだが、30分ぐらい近所を走ったら眠れた。

しかも熟睡。

デスクワークは腹が減らないのは気づいていた。しかも最近はメッセンジャーのやり取りで済ませることが多くて出向いての打ち合わせや電話すら減ってしまった。

昔の人が夢見た座ってるだけでいい仕事が実現しているのだろうか。

7月から仕込んできたことがいろいろ表に出た8月だったのでまとめて紹介(自慢)したい。

ニフティ30周年!社史に載らなかった歴史
なぜヘボコンがニフティ30周年プレゼンツなのかを説明した記事。立場上書いたといえばそうなんだけど、メイカーフェアやコミケで古いニフティサーブユーザを見かけることがあって、こういうのの土台になってるんだよなと思っていた。

小説をのぼりでアピールする
長嶋有さんの小説を宣伝するのぼりを作った。こちらも地味に7月上旬からデザインのやりとりをしていた。これ以来のぼりブームが来て、頼まれてないのにのぼりを作ったりしている。

大学デビューを図解する
7月下旬の締め切りを伸ばしてもらって8月中旬公開になった。VPNを面白く紹介する、という難易度に燃えたが苦戦して徹夜することに。

顔が大きくなる箱
デカ顔ペーパークラフトを簡素化しようとして6月ぐらいからHPの展示会に行ってプリンタを見たり、ハッピープリンターの堀江さんに相談したりしていた。最後に飲みながら「もうレンズでいいや!」と投げやりに決めた。

いつもの電車でむりやりビール列車
おっさんふたりがビールを飲んでいるだけの記事。こういうのがデイリーポータルZだったなあと思いだした。

そのあいだコミケに出すマンガを描いたりしていた。これは特にほめられてない。でも実際にチョークアートやってみたいので黒板買おうかなと考えている。

20160826_001

 

命より屁

ナヴァホ語では大事な言葉は1音らしい。たしかナヴァホ語入門という本で読んだ。

それは日本語でも同じだと思う。火、田、木、などプリミティブで大事な言葉は1音だ。続く2音も肉、水、海などの重要ワードが続いている。

言葉の発生からしても自然だと思う。1音だと70(濁音半濁音入れて)、2音でも490しかない。最初にできた言葉はそこから埋まっていったのだろう。

それを考えたときにいつも思うのが「屁」だ。

命という重要ワードが3音なのにまさかの1音。言葉ができたころの人にとっては命より屁だったんだろう。

 

コミケに出ます

コミケに出る。前日の告知だが14日東5ホールピ37bである。

コミケというと屋内に雲が出るとかトイレに行けないとか恐ろしい情報ばかり飛び交っているが、いざ行ってみるとそんなではない(人気のあるサークルは知らない)。
むかしヨシダプロがネットに「ビニール袋をたくさん持っていくといい」と書いてあったからというので大量のコンビニ袋を持ってきたが何に使うのかわからないまま持って帰っていた。

そしてコミケは全部がマンガではなく、評論や文芸作品もある。僕が参加するのはそちらで、参加者は好きなラーメンについて書いた本や旅行記を並べていてインターネットみたいな場所である。

僕は妻と一緒にコピー本を作った。こんなまんがが載っている。

20160813_005

20160813_003

描いてて思ったのだが、高校生のときに描いたまんがとあまり変わってない。

20160813_004

変わってないなーと思って載せたのだが急に恥ずかしくなった。そして高校生のときから本名を出すというのは一貫している。

ポケモン

歩くのはわりと早いのだけど、目的地につくまでにふらふら気になったものの写真を撮ったりしているので移動が遅い。

おかしな写真が撮れるとネットにあげる。後からどれぐらい受けてるか見たりする。受けてると素直に嬉しい。

ポケモンGOをやってみて、いつもの行動に似てると思ったのだ。レアなものを見つけたときのおもしろさとか、数字で興奮しているところとか(ポケモンはCP、ネットはRTやPV)。

僕のポケモンコレクションから。

20160811_006

ごはんオードブル

20160811_005

アンニュイな待つ犬

20160811_004

自撮り棒禁止はわかるが怖すぎるイラスト

20160811_003

OKサインを出す手袋

20160811_002

ドラクエの呪文のような習字

 

できないことを口にする

土曜日に松山に行ってきた。和田ラヂヲさんのラジオの公開録音に呼んでもらったからだ。

和田ラヂヲさんとは初対面だったが笑いのツボがいっしょでうまく話せたと思う。そのあと飲みに行った。3時まで飲んだ。

しかしメーカーフェア開催中だったので翌日の朝イチの飛行機で東京に帰る予定にしているのだ。飛行機は7時35分発。6時30分にホテルを出るので6時ぐらいには起きなければならない。

心配する周囲の人に「まあ酔うと眠りが浅くなるので3時間ぐらいで起きれますよー」なんて言って。

そして寝坊した。飛行機が出る直前に起きた。

こういうことは何度目だろう。無理なことを口に出して、そして案の定できないこと。

口に出すことが簡単すぎるのが問題なのではないか。

「来年ぐらい総理大臣になるよ」

ほら、こんなことも簡単に言えてしまう。自分の見通しの甘さは置いておいて言葉のせいにしたい。

公開録音の会場はプラネタリウムで、客席は真っ暗。すり鉢状のホールの一番下にステージがある。話してる最中も天井には星空が映しだされていた。そこで番組中に冬のリヴィエラがかかった。

真っ暗なドームで顔がよく見えない人たちに見下されながら森進一を聴く。夢判断したくなるような状況だった