スパムメールの勇気

妻がこのようなツイートをしていたが、同じメールは僕のところにも来ていた。

ほかにも

「私は、メッセージが先週の土曜日、私はあなたのために見つけた情報を見てください驚いた」
「ご利用のオフィスソフトの授権が終了されてしまう恐れがあります!」
「ヘッドハンティングです。あなたの給料は10万円です」

などスパムは堂々とマイクロソフトなどを名乗ってカタコトの日本語メールを送ってくる。

単純にすごい勇気と行動力だと思う。

僕がいまの英語力でアメリカで詐欺をやるみたいなものである。もうちょっと英語が話せるようになってから…と躊躇するだろう。犯罪だからすべての世の中の制度は逆風だろうし。

それでも儲かりそうだからやっちゃうこの力強さと行動力。

インドのデリーで「おれは政府の職員だから安全なトラベルエージェンシーを紹介してやる」と言ってたランニングのおじさんを思い出す。

おじさんが案内したのはガイドブックでインチキとして紹介されていた事務所だった。
(「あ、ここ知ってる」と言ったらおじさんは満足そうな顔をしていた)

スパムメールから世界を感じる。

オーガニックエロ大根

二股になっている大根をエロ大根などと呼ぶ。

昔聞いたことがあるのだが、畑のなかに石があるとそれを避けようとしてこんな形になるらしい。つまり、意図的に石を埋めたり、畑のなかにワイヤーを通すとエロ大根を量産することができるかもしれない。

それでいて畑は無農薬の有機栽培でオーガニックにこだわりたい。

つまりオーガニックエロ大根だ。

国連大学前のファーマーズマーケットで売ってもらえるだろうか。

 

知ってるけど見たことないランド

「誰も見たことないけど誰もが知ってるもの」をよく考える。
語尾がザマスの金持ちや掛け軸の裏にある穴とか。娘のボーイフレンドを猟銃で追い返す貴族もいい。

焼酎のCMでカメラに向かって話す石原さとみも同じかもしれない。少しファンタジー要素が入っている。
坂道の上でオレンジをぶちまける女性と仲良くなるとか、街でたまたま助けたおばあさんが跡取りがいない大富豪だったとかもファンタジーだ。

いつかディズニーランドのような「知ってるけど見たことないランド」を作りたい。魔法のないファンタジーの国。

石油王や子犬を拾う不良がうろうろしてて、一緒に写真が撮れるランドだ。

iPad Proカバー

iPad Proを買ってしまった。紙の触感に近いフィルムを貼ると紙のノートのように手書きメモがとれるというのが魅力的で、買ってしまったのだ。

しかしアップルペンシルがなくなりそうで怖い。専用のケースが売れているがどれも本革製とかでかっこ悪い。革にして大事にしちゃったりしているところが機械に使われている感じがある。

なのでカバーを自作した。

amazonのダンボールを切って作った。アップルペンシルを入れるポケットもある。

カーペットにポツポツと落ちているのはダンボール工作のカスである。

ダンボール工作のいいところはガムテで雑に固定しても色のコーディネートがされるところである。

本体とカバーはベルクロで固定した。

ふたを閉じるのは輪ゴム。輪ゴムもガムテで固定してある。

カメラの穴もあけた。

これなら汚れても平気だし、なんだったらケースに直接メモを取ってしまってもいい。

手にとってみると予想以上にしっくりくる。僕が主でiPadは従であることがはっきりした。

猿回しは最初に猿に噛み付いて、自分が主人であることを教えるのだという。やってることはそれに近い。