あけましておめでとう

ディズニーランドはもうクリスマス仕様らしい。いま11月上旬なので奴らはあと2ヶ月弱クリスマスをやる気だ。

クリスマスから大晦日までが年末、元旦から5日ぐらいまでが正月である。

正月は短すぎる。

それどころか「いつまでも正月気分か」などと悪いもののように言われたりするのだ。クリスマスは2ヶ月もあるというのに!

そこで提案したいのは正月の延長である。

クリスマスとかぶってもいいから12月から1月の2ヶ月間は正月ということにしてはどうだろう。

いや、もう正月でいい。あけましておめでとう。

キャップを逆にかぶらない人生

キャップを逆にかぶらない人生だった。

そもそもキャップをあまりかぶらないし、ましてや逆さにかぶろうとしたこともない。つまり、スポーティーでもないし、やんちゃに見せようとしたこともない。

居酒屋で隣のテーブルに座ったキャップ逆さ男が話をしているのを見てそう思った。平行世界でもおれは彼ではないだろう。

以前は肘当てがついているツイードのジャケットを着ている人を見るとそう思ったのだが、徐々に着そうな気がしている。

キャップを逆にかぶる人生、軌道が交わらない遠い星のようだ。でも、いつかそうする日が来るのだろうか。

脳はコンピュータよりも性能がいいという話はよく聞く。

記憶や計算能力では劣るが、コンピュータにできない動きをするのだろう。

しかしそれで意外なのは、脳は汁っぽいということである。

脳を直接見たことはないが体の中はたいてい湿っている。切ると汁(血とかリンパとか)が垂れるし、ねばついていることもある。

そんなものがクリーンなコンピュータより優れているのだ。コンピュータの中を見ても湿ってるところはひとつもない。むしろ湿ってたら動かない。

でも汁系のほうが優れているということは、未来のコンピュータは汁がしたたっているのかもしれない。古いエアコンみたいに。