しんとした時間

「僕らが高校生の頃、夜なにやっていたんだろう?」

そういう話を同世代の男性と話をしていた。

ネットもない、テレビは夜にはしっかり終わっていた。部屋でひとりで本を読んだりレコードを聴いたりしていた。

気に入った英語の曲の歌詞の意味を調べたり、気象通報を聞いて天気図を書いたり、ジェットストリームを聞いたり、暇だった。

もっと夜がしんとしていた気がする。

しんとした時間を堪能する「しんとした夜ナイト」ってイベントはどうかと思ったが、矛盾してる。

あ、思い出した。ファミスタばかりやってた。

トリップアドバイザーのテンション

海外に行くとtripadvisorを見てレストランを選ぶことが多い。

tripadvisorには日本のスポット情報も載っていて、海外からの観光客が英語でレビューを書いている。

英語は「あ、そう」がgreatで「わかった」がperfectになるぐらいほめ言葉がインフレを起こしているので(私感)、レビューのテンションがすごい。

ラーメン屋の一蘭のレビューをざっと見てもこんな感じである。

I Still Dream About This Ramen…
Oh boy…I keep falling in love with jfood.
4 thumbs up!
Raman Me Crazy
I wish there was one in London!!

ものすごくこの店行ってみたくなる(この前行った)。

築地市場も魅力的である。

One of my favorite places on EARTH.
Once in a Lifetime Experience
An Experience You Will Never Forget

渋谷の交差点も観光地として登録されていて(渋谷区で明治神宮に続いて2位の人気スポットである)いろんな人が感想を書いている。

そのなかに

A little smaller than anticipated, but quite fun.

「思ったよりも小さいけど面白い」というほぼマーライオンのような感想まであったりするので、この際5倍ぐらいの大きさにしたらいいんじゃないか。

しかしこれぐらいのテンションで暮らしていきたい、と思う。

少し違う

ロンドン・パリ・ミラノという冗談のような組み合わせでヨーロッパを巡ってきた。

看板や標識などは日本に似ているが、微妙にちょっとずつ違うのだ。

矢印の曲がりかたが日本の標識より直角


長い


この先にM1という地下鉄があることの案内。日本だとこういうときに上向きの矢印にするので逆である。こういう細かいところが旅の醍醐味だと思う。

サッシ類ははじめて見るものが多かった。風呂の窓の明け方がさっぱり分からず(エアビーで人の家に泊まっていた)、開け方がわかったときは写真に撮ってしまった。


ドア中央のねじを

回すと緩むので

それを上にあげる

そうすると下の窓が少しだけ上に動くのだ。最後の写真が夕方なのは、窓を開けた状態も撮っておかなければと思って撮ったからである。どれだけ窓に感動したのだろう。

ドアノブが真ん中についていた。泊まった家だけ間違えてつけたのかなと思ったが、古い家はどれも真ん中ドアノブだった。鍵穴は右隅にある。

パディントン駅にいたパディントン(駅の名前が由来になっている。日本なら上野に現れた上野太郎、みたいな感じだろうか)が妙にクマだった。

フランスの地下鉄の自動販売機、カードを入れてPINコードを入れる装置にボンジュールと表示されていた。液晶ながらフランス人である。

ミラノにマルイが!と思ったら排気口だった。

以上、ミクロな視点の旅行記でした。