キャラクター化

いまネットで活動している若者は顔出しOKでも自分のキャラクターイラストがあるという話を聞いた。

たしかにヒカキンのチャンネルのアイコンはイラストだし、踊ってみたの人たちも本人の横にイラストがある。

本人の横に本人を模したキャラクターがいるなんて高田社長ぐらいかと思ったが(このページの中央)、もはや普通のことらしい。

「本人そのままよりもキャラクターグッズにしやすいからではないかね」とは詳しい人の見立てである。たしかにそうかもしれない。

一方、僕は自分の顔そのままTシャツにした。

この不気味なおかしさは、「イラストにする」という大事なプロセスを抜いたからだったのだ。

納得である。

目方でドン

スマホゲームのガチャをひいてるネット生放送が面白いという話を聞いた。それはパチンコ番組やむかしDAISUKIという番組で宝くじを大量に買って発表していたのに似ている。おれも見てた。

ゲーム実況はゲームセンターCXだし、むかしのテレビをネットで真似するのはいいかもしれない。

という話をしていた。そうか、昔好きだったテレビでやってみたいもの…

「目方でドン!」だ!

と言ったけどそれはないな。

オークションのような「存在は知っているけど身近じゃなかったもの」がITで一般化するというパターンもある。そういうものはないだろうか。

よくそういう構造から企画を考えていって、結局ぜんぜん違うものを作っていることがある。ATMのきぐるみとか。

Siriが気の毒

iPhoneとAir Podsというヘッドホンを使っている。ヘッドホンをたたくとSiriが起動する。

音楽を聞いているとき、ヘッドホンをたたいてSiriに「スキップ」と言うと次の曲に飛ばしてくれる。

だが、Siriがよく「好き」と聞き間違えるのだ。

「私もアシスタントとしてあなたを思っています」とか「またまた~」などまんざらでもない返事をしてくる。おれは次の曲に飛ばしたいだけなのに。

好きって言われたと勘違いして気取った返事をするなんてコントの世界だし(ドラマだったら柳沢慎吾が演じる)、現実にそんな人がいたらかわいそうである。こんなにかっこ悪いコンピュータはなかなかない。

Siriが何度も繰り返すので気の毒になってしまい、スキップと言うのをやめた。アップルウォッチで操作している。

科学と根性

以前、最新の設備があるジムの取材にくっついて行った(この記事ね)。

専用の測定機器でジャンプの距離やステップの回数を測り、それをもとに運動能力を示すスコアを算出していた。この仕組みは近々学会で発表する予定だと話していた。

そのスマートなやりかたに「根性の世界と違いますね」と言ったらそうでもないとのこと。

センサーで数値は測るけど、その数値を上げていくのは辛い。根拠が根性から科学になっただけで、それに身体を近づけていくのはどうやっても大変。むしろ科学トレーニングほど辛いものはない

と教えてくれた。

たしかに計測のときジムの人たちは「もっと!もっと足を上げて!」と大声を出していた。

科学と根性は対立するものではないのかもしれない。

しかしその理路整然とした認識に、こういう体育をやってみたかったと思った。

本棚がおかしい

本をダンボール4箱ぶん売った。amazonで安く売ってる本はうちになくてもいい。そう思って有名な本を処分していったらおかしな本ばかりの本棚になりつつある。

二度と手に入らなさそうな本と思ってるが いいこと書いてある本を処分してどうでもいい本を残している気もする。これでもまだ本棚3つある。

ビジネス書とか自己啓発とか読んでるのを妻に見せたくない本はキンドルで買っているので、キンドルはいっそう恥ずかしい本棚になっている。

二軍のTシャツの引き出しのようである。

しかしいつからTシャツの二軍って言うようになったんだろう。