ゴリラ、ぶらさげちゃおうかな…

ゴリラがぶら下がっているビルがあちこちにある。

もし僕に一生働かなくていいぐらいの蓄えがあって、数軒目のビルを建てるとする。信頼できる不動産会社と建築士に仕事を頼み、粛々とプロジェクトは進むだろう。

流行りのデザインで、人気の店がテナントとして集められる。大儲けはしないけど確実な利益が出そうなプランに僕は納得するだろう。

でも、そんなときにふと思うのかもしれない。

『ゴリラ、ぶらさげちゃおうかな…』

(ゴリラぶら下げちゃえよ!)(いいじゃんゴリラ。目立つよ~)

そんな金持ちしか聞こえない声があるのかもしれない。それに抗えなかったのが全国に散らばるゴリラビルなのだ。

自由の女神が立っているホテルにも同じものを感じる。

しかし、映画「キングコング」の公開は1933年。86年前である。86年後に遠く離れた島国に真似たビルがある影響力に身震いする。

渋谷の新しいビルのどれかひとつにゴリラぶら下げればいいのに。

meigen

偉人と名言を紹介するサイトを見たら、今日の名言のところに${meigen}と表示されていたことがあった。

${meigen}はコンピュータに保存されている言葉を表示させるときの書き方である。

本来は${meigen}が名言に置き換わってなければいけないのだが、うまく動いてなくてそのまま表示されてしまったのだろう。

おもしろい。”いい言葉”も置き換え可能なたくさんあるうちのひとつだったことがが分かる。人生を変える言葉もカタログギフトだ。

いや、そうしたらそれを聞いた人の反応だってそうかもしれない。

“いい話”を4コマ漫画にするとこうだ。

未来、人類が精巧なロボットと付き合うようになったとき、調子が悪い恋人が ${ainokotoba} と言い出してほしい。

ビンゴカード

公園で珍しい太鼓を叩いている人がいる。

絞り染めの先輩とかああいう人が気になる。少し憧れているのだろう。

しかし人生でどんなことがあったら人は公園で太鼓を叩き始めるのだろう。チェックリストのようなものがあるのかもしれない。

□ 学校やバイト先が高円寺にあった
□ 好きなミュージシャンのバックバンドにその太鼓があった
□ 家が狭い
□ ・・・

たくさんのチェック項目があって、特定のチェックがうまると「公園で太鼓を叩く」が発動するのだ。

別のチェック項目の組み合わせは「壁をのぼり始める」「ウェブサイトを作り始める」「空の写真を撮り始める」「外に椅子を持ち出して酒を飲み始める」などがあるだろう。

この列が揃ったらあなたはLDHに入る、とかそんな当たりのわからないビンゴカード片手に生きている。

しらんけど。