できないことを口にする

土曜日に松山に行ってきた。和田ラヂヲさんのラジオの公開録音に呼んでもらったからだ。

和田ラヂヲさんとは初対面だったが笑いのツボがいっしょでうまく話せたと思う。そのあと飲みに行った。3時まで飲んだ。

しかしメーカーフェア開催中だったので翌日の朝イチの飛行機で東京に帰る予定にしているのだ。飛行機は7時35分発。6時30分にホテルを出るので6時ぐらいには起きなければならない。

心配する周囲の人に「まあ酔うと眠りが浅くなるので3時間ぐらいで起きれますよー」なんて言って。

そして寝坊した。飛行機が出る直前に起きた。

こういうことは何度目だろう。無理なことを口に出して、そして案の定できないこと。

口に出すことが簡単すぎるのが問題なのではないか。

「来年ぐらい総理大臣になるよ」

ほら、こんなことも簡単に言えてしまう。自分の見通しの甘さは置いておいて言葉のせいにしたい。

公開録音の会場はプラネタリウムで、客席は真っ暗。すり鉢状のホールの一番下にステージがある。話してる最中も天井には星空が映しだされていた。そこで番組中に冬のリヴィエラがかかった。

真っ暗なドームで顔がよく見えない人たちに見下されながら森進一を聴く。夢判断したくなるような状況だった