マーケティング

世の中でマーケットの多いものは

まじめなもの > かっこいいもの > おもしろいもの

である。自分がおもしろいものが好きなのでそっちが人気だと思っていたが、世の中で売れているのはたいていまじめである。本も服も食事もだ。

以前、会社見学に来た高校生にふざけた記事を紹介していたら「まじめなものはないんですか?」と真顔で聞かれた(翌年からはまじめはいかに非クリエイティブで効率が悪いかというスライドを入れることにした。恨みで。)。

ヒカリエの8階で展示をやったときも、タライが落ちてきた瞬間の写真が撮れるフォトブースよりも、向かいのスタイリッシュな展示のほうが人気があった。

テレビを見ていても、まじめ > かっこいい > おもしろ の順で番組が多い気がする。商売をするならまじめマーケットを狙ったほうがよかったことに今さら気づいた。やんないけど。