ヘビとネコ

知人が会社で配られた資料に「脱皮しないヘビは死ぬ」と書いてあったと言っていた。

いきもの豆知識かと思ったらビジネスの比喩だったそうだ。

ヘビが種の生き残りのために獲得した生態を、仕事の話と同じだと思うのはとんだ思い上がりである。ヘビに謝れ。

いきものの生態で一番好きなのは、ネコは労働の価値を理解しない、である。

動物実験で、ただエサを与える場合と、レバーを押すとエサが出てくる場合を比べると、後者のほうが労働を伴うのでエサを魅力的に感じるのだそうだ。人間もほかの動物も同じだという。ただ唯一の例外はネコで、ただ与えられたエサでも平気でぽりぽり食べるらしい。

見習いたい。僕も会社で配る資料に「ネコはなんでも食べる」と書きたい。