エピソードゼロ

去年の夏、「もうひとつの人生ごっこ」という記事を書いた。

自分は知らない部屋にいる。そこに見たことない人が訪ねてくる。彼らは自分を心配して見に来た同僚だという。どうやら自分は無断欠勤をしているらしい。

その後の会話から、この世界では自分はなにをしているのか、なにをしでかしたかを類推してゆくという記事だ。

このような設定を考えてあった。

・職場は大学
・仕事は広報
・自分は花見で酔っぱらって、新人の女性の手を握ってしまった
・それから気まずい

その後、ネタばらしの飲み会をして、実際の職業や名前を明かした。

昨日、そのメンバーで花見をしたのだ。あの気まずくなったきっかけの花見をやりたかった。エピソードゼロである。今は2018年だけど、これは2017年の春という設定だ。

舞台はあの部屋があった日暮里。まったく土地勘がないが、花見ができる公園があった。


このとのときはまだ和やかに花見をしていた(という設定)


このあとに事件が起こる(という設定)

これに登場している女性、砂川さんは筋トレをしているという。もし本当に手を握ってきたら、指をひねったりできますよなんて笑っていた。

そういえばあの記事で住さんは指を怪我していた。


(2017年7月)

これは砂川さんにひねられたのかもしれない。辻褄が合う。

やっぱり徐々にこっちの世界線が中心になっている気がする。

我々は夏にもういちど部屋に集まるのだろうか。

僕も記事にするでもなく、この活動をただ続けているのはなぜだろう。

その理由もそのうち明らかになるのだろうか。