南極探検

仕事ができる人に会うと「この人は南極探検に行っても生きて帰ってこれそうだな」と考える癖がある。

吹雪にあっても的確な判断でチームを危険な目に遭わせることがないだろう(むかし伝記で読んだスコットとアムンゼンのイメージである)。

逆の場合、「この人、全滅させるな」とか「この人はチームに入れないでおこう…」とこっそり思っている。

つまり、僕は会社員を始めてからずっと南極に行くメンバーを探しているのだ。

60ぐらいで南極に行くのかもしれない。