わ、起きてた

眠りが浅い。

いびきをかいている人は少しつっつくと静かになるものだが、僕は少しつっつかれると起きてしまうのだ。

僕のいびきを止めようと突っついた妻は「わ、起きた」と思うらしい。

前回に続いて大腸検査の話だ。

腸のなかを機器が移動するので麻酔を入れる。「ねむくなる薬いれますね」と言われたのだが、まったくねむくならなかった。そういうものなのかなと思ってじっとしていた。

検査している人たちが子供の自由研究をやったかどうかという話をしているのが聞こえた。「僕、自由研究みたいな仕事しているんですけど、読書感想文を作る企画は人気ですよ」と会話に入ってみた(腸にカメラ入ったまま)。

しかし検査師の答えは

「わ、起きてた」

だった。家でよく聞くセリフだ。死体がしゃべった、みたいなリアクションが愉快だった。

しかし後から考えたのだが、「自由研究みたいな仕事」や「読書感想文を作る企画」って麻酔で朦朧としている人の発言と思われたかもしれない。でもデイリーポータルZのことである。

僕の仕事はうわ言みたいなんだなと検査後のベッドで思った(そこでも全く眠くならなかった)。