酔ったときにしか見つからない店と出た記憶がない店

酔ったときにしか見つからない店と出た記憶がない店がある。

銀座に酔ったときにしか見つからない焼鳥屋があった。なんどか行ってフォアグラ串を食べた気がするが、ネットで見ても情報が見つからない。あのフォアグラは馬糞だったのかもしれない。

歌舞伎町の10円寿司も酔ったときにしか出会わないのだが、最近はようやく場所を把握できてきた。

そして五反田のシェリー酒のバーはなんどか行ったのだが、店を出た記憶がない。あの店に僕がどんどん溜まっていっているのではないか心配だ。次に行ったときにロッカーに僕が3人ぐらい詰まっていたらショックである。

最近、遠野物語を読んだらそんな話がたくさん載っていた。

迷っていると見つかる屋敷、山に棲む女

あるな~こういうこと、とうっかり共感してしまった。

しかし、山中に現れる屋敷はいろり山賊かもしれない。山口県だけど。