度を越えた正直さ

小田急に乗ってたら世田谷代田で母と子が乗ってきた。

二人ならんだ席は空いてなかったので、母は子に「そこに座りなさい」と言い、自分はちょっと離れたところに座ろうとした。すると子がきっぱりと

「離れているのは、嫌」

そう言った。

甘えたことなんだけど、その力強さにすこし感心した。彼の学校の標語は「ちゃんと自分の意見を言える子」かもしれない。

たまにニュースでも「欲望に負けてしまった」「海外旅行に行きたかった」などと動機を潔く話す人を見る。

「堂々としているな」と思う。

むかし、取引先を紹介してくれた人に「あの場でうちの手数料いらないっていったのは客の手前、いい顔をしたかったからだ!」と言われたことがある。「だから手数料を裏でよこせ!」とも(怖ええー)

度を越えた正直さはギャグなんじゃないだろうか。