カップスターの模様

カップスターのパッケージで気になっていることがある。

線が波模様になっていることだ。

平らなパッケージに波うった線が描いてある。

かつてカップスターの容器には波状になった紙が巻いてあった。カップヌードルのように発泡スチロールを使わず、紙だけで熱さが伝わらないようにする工夫だった、のだと思う。

そのときカップスターのパッケージに描かれた線は波をうっているように見えた。
デザイン的にはまっすぐ引きたかったのだろうが、容器の仕様上、そう見えていたのだ。


サンヨー食品のホームページに昔のパッケージの写真があった。https://www.sanyofoods.co.jp/company/history/

そしてしばらく経ってコンビニで見かけたカップスターはつるつるの容器になっていた。お、メジャーな感じになったな!

だが、そこに描かれた線は波を打っているように描かれていた。かつて、そう見えていたのを再現しているのだ。

カップスターの会社はあの波線にそんなに思い入れがあったのか。

そして、かつてカップスターが波うっていたことを知らない世代には、「なぜか線が波うってるカップラーメン」に見えてしまうのではないだろうか。


ビニールのバランのような、「かつては意味があったけど今となってはただの模様」でとてもおもしろい。