ペッパーと赤帽

いつもデイリーで大物の運搬をお願いしている赤帽さんをペッパー(ロボットの)の仕事をしている人に紹介した。

それが夏のこと。最近その赤帽さんに会ったらペッパーを運ぶ仕事をけっこうもらったと感謝された。

ペッパーは開発者向けイベントを各地で開催しているが、宅急便で運べるサイズではないので赤帽がぴったりなのだ。軽トラ1台でペッパー数台乗るし、搬入・搬出も手伝ってくれるので丁寧に運んでくれる。

ロボットに奪われる仕事・そうでない仕事とかそういう話をよくネットで見かけるけど、ロボットが発達した社会で求められる仕事は赤帽だ。意外な展開。

その赤帽さんは「このまえイオンに行ったらペッパーが店番やってたよ、あいつ子どもに囲まれてたなー」と知り合い気分で言ってた。