あざーっす

昔の話で「あざーっす」が出てきたらおもしろいと思ったのだ。

身分を隠して旅をする殿様、そうとは知らずもてなす落ちぶれた侍。

殿様はその礼儀を讃え、褒美として領地を与える。

侍「あざーっす!」

かぐや姫は月に帰ることになりました。

「おじいさん、おばあさん………あざーっす!」

台なしである。ふたつ目の話は妻が考えた。りんごに「あざーっす」と言い続けたらおいしくなるかな。