秦野 小田急小田原線 秦野 徒歩10分

タンクの数
ツヤ
寂しさ


きっと30年ぐらい変わってない風景
▲ サザエさんちとタンク
寂しい街の必須アイテム。全日プロレス
▲ 寂しさを盛り上げる

秦野中井インターで有名な秦野。海老名とか秦野って旅行で第一に休憩する場所です。

むかしで言えば最初の宿場か。なんか、旅!!って感じの地名だなあ。

秦野は山あり川ありで思ったよりイナカ。

プロレスの興行のポスターが、これからのガスタンクへの期待を盛り上げます。そう、この感じ。


柵の模様もうねうね
▲ ブタンタンク
大きいタンクは中規模ですね
▲ 大きいタンク

秦野ガス所有のタンクで、球形タンクは大小1個ずつ。

ただ、よく見ると構内に小さなブタンタンクと象オリタイプの筒型タンクがひとつ。

この火気厳禁のブタンタンクは工場でよく見かける。ここもガスを貯めるだけじゃなくて、作ってるみたいだった。


でも、僕ら夫婦はぜんぜん声をかけられなかった
▲ ガスタンカー垂涎の土地
びっくりするぐらいの大きな音
▲ ときどき、煙を出す

裏にまわってみると、ガス工場のパイプが良く見えた。ときどき「ブシュー」とでかい音を立てて白い湯気を出していた。

ガスタンクの裏は分譲中だった。現地説明事務所もあったが、見にきている人はぜんぜんいなかった。やっぱりガスタンク裏は失敗だったか。積水ハウス。



ホームページに戻る