ガスコラム過去分

1999.8.9

三島のガスタンクを見てきた。ガスタンクマニアのあいだでは、東海道線から見えるタンクとして存在が知られていた。◆歩いている途中で富士山が見えた。かどうか分からないがたぶん富士山なんだろう。◆でも、写真は撮ってこなかった。

ガスタンクじゃなくって、富士山を撮るのがノーマルかもしれない。◆富士山の写真を撮りつづけている人、というのを新聞やテレビでよく見る。◆たいていは富士山が見える場所に育った人だ。富士山が好きなんだろう。

僕がガスタンクを撮るのも同じ構造だと思う。ガスタンクの近くで育って、ガスタンクの写真を撮りつづける。◆富士山だといい話で、ガスタンクだと「トラウマ」という語を連想するのはなぜだ。

1999.7.5

ガスタンク巡りが滞っている。◆所在情報をもらうのだが、ちょっと遠い。土曜日の午後に半日で行けるような場所がなくなってきた。◆まあ、とりあえず、茂原、土浦、川越あたりから手をつけようかと思っている。

今回は小学5年生のガスタンク愛好者の平井君の投稿を追加。僕も小学生のころ、夏休みの自由研究に異様な執念を燃やす子供だったことを思い出した。

上の写真は田町の港区スポーツセンターでの写真。なにか引っかかるものを感じたので撮ってきた。ガスタンク的な荒涼感かもしれない。そういえば、このスポーツセンターの裏は田町のガスタンクである。

1999.5.10

3ヶ月ぶりにガスタンク見物を再開した。◆館林足利佐野のタンクを見てきた。これらのガス業者は、両毛ガス事業協同組合というのを形成している。◆この3都市はどこも似ている。なんというか、NHK教育の道徳の番組の舞台になるような街なのだ。◆あれはきっと何か基準があるのではないだろうか、大都市に隣接した都道府県。その県の3番目ぐらいの都市。具体的には清水とか熊谷とかだ。◆それはガスタンクや産業廃棄物処理場が多く出現する都市でもある。勝手な推測だが。

田舎と都会のあいだに位置するようなどっちつかずの街。◆ガスタンクの近くにはたいてい窓のないスナックがある。近所の人が集まるような店。◆ルックルックこんにちはで殺人事件があった場所としてレポートされるような店。

1999.2.22

2月に入ってからガスタンクをこまめに回っていました。その結果をまとめて載せることにしました。◆初登場の北海道からは札幌大谷地。おなじみの千葉から八千代沼南町です。◆北海道では、雪をかけわきながら進んだりして楽しかったです。たとえるならば「喜劇・八甲田山」ってところでしょうか。ひとりよがりな例えですいません。◆問題は千葉のガスタンクです。3つとも国道16号線沿いにあります。もう1年以上ガスタンクを探して見に行っているのに、国道16号なんて何回も行っているのに、まだあるなんて。いったい千葉にはガスタンクがいくつあるんだろう。なんか無力感を感じます。◆お釈迦様の手のひらの上でもてあそばれているようです。お釈迦様じゃなくて、千葉なのでぜんぜんありがたくないのですが。

あと、投稿ガスコーナーに松江の勾玉ガスタンクを追加しました。まがったままガスタンク、なんてだじゃれではないです。

1999.1.25

二人組

群馬県、桐生に行ってきました。◆ガスタンクはサッカーボールでした。投稿ガスタンクにもサッカーボールタイプがふたつ投稿されています。室蘭と新潟です。亜流ですが市原もサッカーですね。◆サッカーのタンクは探せばもっとあるかもしれません。◆サッカーボールに塗ったらびっくりするだろうな、とワクワクしたガスタンク担当者も日本じゅうに50人ぐらいいたのでしょう。◆いや、もしかしたら専門の業者がいることも考えられます。「貴社のタンクもサッカーボールでイメージアップ」なんてプレゼンをしてまわっているのです。◆日本サッカーボール塗装(株)って社名だったらいいと思いますが。

1999.1.11

ガスタンク2001も2回目の正月を迎えました。◆今回は東京の奥地、青梅市のガスタンクを見てきました。こじんまりしたガス工場です。◆上の写真はガスタンク近くの中華料理屋の看板です。◆ギョーザ定食 850円。写真は餃子5つですが、4つ、と但し書きがあります。 丁寧に左端の餃子に×が書いてあります。◆貧乏くさいというか、なんだか悲しいけど、懐かしい気がします。◆ガスタンクにぜんぜん関係ないように見えるこの看板。◆しかし、このだめだめさ加減は近所にガスタンクがあるぞ、とささやいているように思えてなりません。

1998 11.15

▲ 回覧されるガスタンク2001

東京ガスさんに招待されて、ガスタンクに登らせてもらった。ガスタンクの上での様子は別ページを見てください。◆その後、説明を聞くために応接に通されたが、そこには回覧用紙をつけたこのガスタンク2001のハードコピーがあった。回覧してみんなで見ているとのこと。◆授業中に書いて友達に見せた漫画がPTAの会報に載ってしまったようなものである。恥ずかしくてカーっとした。◆そこで得た知識は manifest に追加したので見て欲しい。◆東京ガスのかたのガスにかける情熱に感動した。◆まあ、そとから憧れていたガスタンクにも登り、知識も身につけ、もう僕は童貞ではない。

1998.10.12

秦野のガスタンクを見に行ってきた。秦野って鶴巻温泉より遠いんだぜ。◆そんなところで住宅地の分譲をしていた。◆ここに杉浦直樹と八千草薫が引っ越してくる。家族はバラバラになりそうになるが、家の崩壊というラストシーンで家族の絆を確かめる物語。そんなことを考えた。◆そう、ガスタンク版岸辺のアルバムだ。◆さいごは家が流されるかわりに、裏のタンクが爆発する。ドカーン。◆ムービーを作ってみたので、見てみて欲しい。◆岸辺のアルバムはvol.4です。

1998.8.31

大阪のガスタンク4ヶ所追加。

東大阪 大阪
ドーム
山田 神崎川

大阪に行った。約1日でガスタンクを5ヶ所回った。どんなガスタンクがあったかはレポートに譲るとしよう。でもそのレポートは4ヶ所しかない。◆だってひとつはスカだったんだもん。◆いってみたらガスタンクはなかった。淀川はあった。そこがいちばん暑くて、駅から遠いタンクだった。◆

1998.7.26

でっかい蝶やとんぼが飛んでいた

今週もガスタンクを見に行ったが、あきらめて帰ってきた。こんなことはじめて。◆千葉県沼南町、国道16号近くなのだが、バスを間違えて乗って、もどる道を間違えるうちに大雨が降ってきてどうしょうもなくなった。◆だって道が未舗装で横はうっそうとした林なのだ。だめなんだこんな場所は。◆柏駅からバスで20分ぐらいなのに、こんな場所があるなんて、千葉おそるべし。

1998.7.21

日高の無警戒ねこ

ガスタンクにはその土地の花・動物・名産物なんかが書いてあることが多い。◆でっかくて目立つものだけに、描くものも公共性があるものでないとマズいのだろう。◆ガス会社の所有物なんだから、ガス乾燥機!!とか書けばいいのに、と思う。◆でも、担当者がヘビメタ好きだからといって、ガスタンクにMETALLICA と書くのはだめだろう。中学生の下敷きじゃないんだから。◆その土地の名産でも、ヤンキーとかノラネコなど、リアルすぎるのも嫌われるだろう。◆しかし、ガスタンクに描かれている土地の花や名産物なんて、地元の人いがいにはぜんぜんなんだかわかんないぞ。

1998.6.21

最近、ちょっと遠いガスタンクを回っていると、まわりにあるものが共通しているような気がする。◆それは、霊園(所沢八柱)、刑務所(所沢蘇我)、ゴミ処理場(春日部所沢世田谷高島平)、国道16号線(入間本千葉)、そして人形が名産(春日部・鴻巣)だということ。◆あと、違法投棄と思われるゴミなんかもよく見かける。薬ビンとか落ちてんだぜ。◆田園風景でいいなー、なんて実はダイオキシンな場所かもしれないわけで、それもまたグー。

この郊外に共通している点をまとめると意外に社会性のある内容になってしまいそうだ。◆やめとこ。

1998.6.7

大きいものは構造が複雑という暗黙のお約束がある。◆たとえば飛行機。やたら部品数が多そうだ。そして、ジェットエンジンはなんで動くのかよく分からない。◆同じようにテレビやモデムも分からない。何をどうしたらピー、ヒョロー、びょーんびょん、なんて鳴るのだろう。

さて、ガスタンクはというと、(たぶん)単純な構造、アンド、どうやって動くのか想像がつく。◆蚊に刺されるとかゆい、それぐらいリアルな部分で理解できるテクノロジーなのだと思う。◆それがガスタンクが多くの人を惹きつける秘密かもしれない。

モデムはアナログをデジタルに...なんて説明されると、分かった気になる。でも、僕はモデムを作れない。◆ガスタンクならば何とかがんばれば作れるかも、と思う。◆でもそれは勘違いだと思う。

1998.5.24

今回のガスタンク(白井)はキレイに模様が描いてある。◆ガスタンクペイントコンテストのグランプリ作品かもしれない。◆だが、そんなコンテストはない。だったらガスタンク2001主催で開いてみることにしようか。ANAの飛行機のデザインコンテストみたいなものだ。◆ただ違うのは、最優秀作品が実際にペイントされないこと。

1998.5.11

埼玉には武州ガスという、自己否定のような名前のガス会社がある。◆いうまでもなく、ぶしゅー、漏れてる音である。◆阪神の薮(やぶ)投手が医者になって開業しても、薮医院とはしないだろう。立石内科クリニックなんて名前にするはずである。◆なのに、武州ガスと堂々と名乗るところに惹かれた。同じ気持ちの人も少なくないと思う。◆少ないか。

1998.4.20

ロマンスカーに乗って厚木に行ってきた。箱根旅行はロマンスかもしれないが、ガスタンクにロマンスはない。◆あるのは乾いた苦い感じだけだ。◆小田急のプリペイドカードは「ロマンスカード」というのだ。なんか川島なお美的なネーミングだと思うけど。どうだろう。◆もちろん最近の川島なお美で、ミスDJだったころのことではない。◆ぜんぜんガスタンクの話ではなくなってしまった。でも、ガスタンクと恥ずかしい過去、このほろ苦さは似ている。

98.4.13

春日部高根木戸にいってきた。◆春日部では死ぬかと思った。ダンプにひかれそうになった。◆さて、ガスのことでひとつ思い出したことがある。◆実家の近所に東京ガスの営業所があって、秋にはガス展というイベントが開かれてた。◆東京ガスの社員がヤギソバや金魚すくいのお店を出してた。◆小学生の僕はヤキソバ買おうと思った。でも、もう麺がないと言われた。◆僕は近くにあった紅ショウガだけをタダでもらって食べた。◆以来、ガス展といえば紅ショウガしか思い出さない。

98.4.5

今回は水タンクを追加してしまいました。◆重要なことはなかに何が入っているかではなくて、なんかヘンならばいい、と思うことにした。◆どんなにヘンなタンクでも、近所に住む人々にとっては親しいものなんだろう。◆たとえば旅行から帰ってきたとき、家に入る前にこのタンクが見えてくれば、「ああ、家に帰ってきた」と思うだろう。◆でも、はじめて見る人にとってはとてもヘン。これもリアル。

98.3. 22

おまけムービーもあるわん

リクエストの多かった市原のガスタンクを追加した。◆上の写真がその市原のガスタンク。◆「市原といえばサッカー」ということでサッカーっぽくペイントされている。◆しかし、どれだけの人が市原=サッカーと思うのだろう。◆サッカーボールではなくて、サッカーをイメージさせる絵にしているところが、なんともガスタンクを物語っていている。◆つまり、なんか、その中途半端さが、ガスタンクなのだ。◆手前の犬はたまたまいた犬です。


ガスタンク2001プレゼンツ、ということでガスタンク巡りバスツアーはどうだろうか。◆バスを借りて都内と近郊のガスタンクを回るのだ。ぜひガスタンク登り体験もツアーの目玉にしたいと思う。◆バスの中ではガスタンクの歴史を学んだり、ガスタンク巡りの唄を歌ったりする。岬巡りの替え歌だけど。◆東京ガスの協力のもと実施するのがいいと思うが、勝手に見たり登ったりするのも一興ではないだろうか。って捕まるな。


ホームページに戻る