川越 東武東上線川越市駅から徒歩2分

タンクの数
ツヤ
寂しさ


ブシュー
▲ 手前の架線は東上線
小江戸なんて言われている川越にもガスタンクがありました。(逆さにするとヌードが出てくるボールペン。それは小エロ)

埼玉では有名な武州ガス所有のもので、大小ひとつづつあります。(厚木と同じ)

大きなほうのタンクもそれほどでもなくて、津田沼の小タンクと練馬クラスのあいだぐらいか。

小さいのはコンパクトでうちにも一つほしいぐらいの大きさ。通販で売ってたら即買っちゃうと思う。
ドアを開けるとガスタンク、というマンション
▲ 隣のマンションから
もうちょっとみがいてあげたい
▲ つやがない

つやがないのが特徴。ペイントされている武州ガスのロゴもかすれている。ホコリだらけだ。

あんまり手入れをしていないようだった。

「天然ガスでクリーンな未来」というキャッチも虚しく、かすかすのタンクって感じなのである。
激ヤバ 即ゲット マストアイテム
▲ ガスタンク横のマンホール

いちおうとなりのマンションに入り込んで階段から写真を撮ってみました。

このマンションの住民は、玄関を出るとガスタンクが視界に飛び込んでくるわけで、ガスタンク愛好家が全国から集まってきたりするのかもしれない。 ガスタンク界のトキワ荘みたいのものか。

さて帰るかー、なんて思ってるとき、妻がマンホールに刻まれた武州ガスの文字を発見。

激レアなアイテムかもしれない。


ホームページに戻る