三島JR東海道線 三島駅 バス10分+徒歩10分

タンクの数
ツヤ
寂しさ


街道沿いにぽつんと
▲ ガスタンク全景
ほとんど掃除はしてないね
▲ 表面はカスカス

ここは正確には三島市ではなくて、清水町というところなんだけど、そんなこと言っても地元の人しかわかんないので三島と言うことで。

駅からも遠いので覚悟して行ったら思いのほか開けてて、バスもあったりしてラクチンに到達。 しかし、三島駅前の観光案内所で「ガスタンク行きたいんですけど」と聞いたのは僕がはじめてかもしれない。


1メートルはある雑草
▲ 足元は雑草ぼうぼう
いい写真だと思うんだけど
▲ 立ち入り禁止らしい

ガスタンクは中型の球形タンクひとつ。ガスタンクは全くツヤがなく、ワビサビの世界に入りつつある雰囲気。 表面には「名水100選 柿田川湧水群のあるまち 清水町」という文字とカワセミの絵がペイントされている。

ガスタンクのまわりも荒れ放題。でも、ゴミが捨てられたりしているわけではなく、ただ朽ち果ててる感じ。


こんなクルマ要らない
▲ 「売ります」だってさ
作ったときからこんなだったのかな
▲ これが古墳

ガスタンクの脇には古墳があった。というか、古墳であることを示す看板があった。 なければこれが古墳だなんてぜったい分からない。古墳のまわりのデコラティブな囲いがおかしい。

三島市内にもう1ヶ所静岡ガスの事業所があったので、30分歩いて行ってみたがガスタンクはなかった。 でも、かつてはガスタンクがあったようだ。円形の空き地と、ガスタンクの支柱だったと思われる棒があった。

黄色いワーゲンは歩いてる途中に見つけたもの。


ホームページに戻る