ガスタンク2001番外編(水タンク)
向ヶ丘遊園 小田急線向ヶ丘遊園駅からバス10分+徒歩5分

タンクの数
ツヤ
寂しさ


なんかドラマを想像します
▲ ドラマチックな異様さ
ランドマーク
▲ メカクラゲ
これはガスタンクではありません。水道タンクです。

東名高速からこのタンクを見て、その異様さにひとめボレしてしまいました。イカすぅ。

周囲の街並みをみだす不安なカタチ。でも、これがこのへんに住む人の見慣れた光景なのかと思うと、そんなもんだよなー、と思います。

世田谷練馬浦和にあるような巨大なガスタンクよりは小さいと思います。津田沼あたりの小さいタンクと同じぐらいではないでしょうか。
この町の町長が住んでます
▲ やっぱ浮いてる
豪華な子供部屋
▲ 合成写真みたい

タンクは小高い丘の上にある。急な坂道を登らなければならないが、丘は閑静な住宅街で大きな家も多い。

あらためて撮ってきた写真を見てもやっぱヘンだ。

僕は本当にここに行ったのだろうか?こんなものが本当にあったのか? なんて思う。


せつないっす
▲ やたら眺めがいい
隠れたハゲの街
▲ モデルは藤岡弘だ

タンクのそばからは向ヶ丘遊園駅のほうを一望できる。

観覧車は向ヶ丘遊園。

ここまでバスに乗ってきたが、バス停の待ち合い椅子はぜんぶカツラの宣伝だった。

カツラの人が多いのだろうか、このへん(川崎市多摩区)は。


ホームページに戻る