立川 JR中央線 立川

タンクの数
ツヤ
寂しさ


ガスタンクの近くはいつも夕方
▲ 中央線からよく見える
 階段ぐるぐる
▲ 普通の家とガスタンク
大きな家が多い閑静な住宅街にガスタンクはあった。

よそのガスタンクのある場所のように乾いた感じがしない。なんで? あたりを歩いている人がこぎれいだからか。ガスタンクがある東京ガス立川支店でガス祭りをやっていたからか。お勧めはガス乾燥機だ。

あたりは暖かな住宅街でじぶんちの近くにいるみたいだ。いいところかもしれないぞ、立川。

ほんとは電気だったりして
▲ ガス灯
時刻表もシンプル
▲ バス停

東京ガスの前には、バス停とガス灯があった。

立川駅前までのバスだが、立川までは歩いて10分もかからない距離なので、途中のバス停は一つ。

バスはなんと1日に1本だった。シンプル。こんなのでバス停を立てておく必要があるのかな。

ガス灯は銀座から持ってきたようなタイプだ。と言っても銀座にガス灯があったことなんて知らないんだけど。

「雨に唄えば」的なガス灯。立川でがあるが。





ホームページに戻る