八千代 東葉高速鉄道 村上駅から徒歩15分

タンクの数
ツヤ
寂しさ


ばらがないと生きていけない
▲ ばらのまち
ガスタンクが見ている
▲ 手前のタンクがやや小さい

ガスタンク多発地帯の国道16号線沿い。開通したばかりの駅前は本当に何もないが、国道沿いのほうがにぎやかだった。

ガスタンクはでかいスーパーのとなりにあった。大多喜ガスのタンク。 「ばらのまち やちよ」とペイントされている。

ばらの絵が、ガスタンクの目玉のように見える。ばらが特産なのか、ただ単に市の花なのか。ホモがおおいのか。
大多喜ガスって千葉で湧き出る天然ガスらしいぞ
▲ グルグルマーク
駐車場はがらがら。となりのホームセンターのほうが流行っていた
▲ となりのスーパーから

となりのスーパーの屋上からガスタンクを見ることができる。下からは見上げるようなガスタンクだけど、 屋上から肩を並べて見れるのが楽しい

絶好の見物スポットだ。華厳の滝の展望台みたいなもんである。

ちなみに屋上は駐車場で、近所のヤンキー夫婦の車が止まっていた。
母を捜しに車で旅する父と子が通る
▲ ヴィム・ベンダーズ風千葉
バイブレーターにラブはあるか
▲ おとなのおもちゃ ラブ

ガスタンクの向かいに大人のおもちゃの店があった。バッグギャモンとかチェスの店ではないようだ。店の名前はラブ。

この寂しさ、ルックルックこんにちはに登場する殺人事件の舞台となる店みたいだ。

国道16号の写真を見ると「パリ・テキサス」のようだ。千葉・テキサス。ヒットしなさそうな映画である。



ホームページに戻る