大嫌いなハトたちと

ハトマップ宣言
やぎの目に戻る

三宮駅前
池袋サンシャイン横
大森
神戸のハトも太っていた。公園前にたむろっている若者を避けて、すみっこの斜めになっている座りにくそうな場所でたたずんでいた。

夕方の公園。やたらと速く歩くのでハトの姿がぶれている。人にエサをねだるわけでもなく、遠くをただ早足で歩き回っていた。

エサをねだってハトが群がってくる。エサをあげるまえからハトどうしでいいポジションをとるためにケンカしている。絶対にエサなんてあげるものか。

行船公園(江戸川)
浜松
王子駅前
 
太っている。公園内にある動物公園のえさを食べているのかもしれない。動物公園のサルに人気を奪われて、ハトは全く人気がない。 夕方のバスロータリー、中心部をただ眺めていた。鳩の外側に浮浪者、その外側にバスを待つ客、その向こうがバス、と同心円状に位置していた。 すぐに逃げる。逃げるふりをしているがメスを追っている。そんな要領のいいハトを見てうらやましいと思う小雨の駅前。  
延岡
浅草
靖国神社
高知
宮崎県の地方都市のハト。東京のハトに比べて痩せている。そして黒い。足の赤が鮮やかだ。熱帯に近いせいだろうか。 持ちこんだ餌に見向きもしない。売店で売っているエサしか食べないように訓練されているのか。後ろでは女性がハトに襲われている。 わざと白いハトを集めている。人に馴れすぎていて、平気で肩や腕に乗っかってくる。観光客からエサをもらっているせいか、でかい。夕方には小屋に入る。 東京のハトよりはやせている。僕が近づいていくと露骨に逃げた。あわよくば人間からエサをもらおうなんて気はないようだ。男気のあるハトだ(メスかも)。
上野公園(1999)
上野公園(かも)
伊東駅前
館林
公園の観光客からエサをもらって太っている。エサめあてに人に近寄ってくる。でも愛想はない。ハトですから。 不忍池の脇の水溜まりにいたカモ。エサをもらっていた。ハトもエサが欲しそうだったが、カモに近寄れずにいた。 痩せている。干物屋の前で3羽で歩いていた。落ちてるものを拾って食べたり、まったく人気はないようだった。 ドブ川にかかるコンクリの上にいる。近寄ると川の向こう側にゆっくり逃げていく。けっして飛んで逃げようとはしない。
札幌駅前
仙台掘公園
新小岩駅前
錦糸町駅前
氷点下2度の駅前でかたまっていた。首がめり込むぐらいちぢこまっていた。首を前後させるどころではないようだ。 江東区の何てことない公園にいたハト。子供が近寄ってくるのを察知して逃げようとしている。子供はハトを追い掛け回す。 黒いハトばかり。グレーのすらいない。ハト的にはかなりヤバいハトが集まる場所であることが分かる。 芝生に似合わないダークなハトばかり。てんでバラバラな方向むいている。
山下公園
上野公園
大阪
亀戸駅前
よく太っていて、カメラを近づけても逃げない。他のハトと比べると色ツヤがよい。ハト的に幸せな感じがする。 なれなれしく近寄ってくるが、えさを手からは食べようとはしなかった。公園内に残る雪の山の頂上にのぼり得意そうだった。 環状線のホームでスピード感あふれるテコテコ歩きをしていた。カメラを向けるとスムーズに加速して逃げていった。 写真を撮っていると、見知らぬおばさんに「ハトかわいいわね」と言われた。いいえ。ぜんぜんかわいいとは思わない。
JR田町駅ホーム
荒川遊園
ハワイ
南砂公園(江東区)
終電近くのホームにいた。ものすごいスピードで歩きまわって、ものすごいスピードで首を前後させていた。 後頭部に「ス」と書いてある。書いてあるんじゃなくて、スの字の模様がある。
「ス」を背負って生きるのはどんなキモチだろう。
ハワイのハトはまだら模様で汚い。現地の人もタオルで叩いたりして嫌っているようだった。日本と同じようにスナックのカスなんかを拾って食ってた。 自然の中でボーボー歩き回っていた。散歩の犬や子供に追いまわされながらも、浮浪者らしき人にえさをもらっていた。
ガーデンプレイス
万世橋(秋葉原)
田町の運河の上
立川駅前
ハトは群れていなかった。一羽でテコテコあるいていた。歩くスピードはけっこう速い。
ハトの背筋が伸びてて気持ちいい。
田町のハトと同じように黒くてじっとしている。田町よりはやせている。後ろ向きのままで動かず、やる気の無さを感じた。 田町のハトは黒くてじっとしている。滅多に動かない。なかにはデコイのようにぺったりすわっている奴までいる。 夕闇のなか、はとはじっとしていた。カメラを向けるとテコテコ歩いて逃げたが、しばらくすると寄ってきた。